23
Culture Editor's Post

アート作品でお酒を楽しめる「呑むアート展」

陶芸家、古賀崇洋さんのアート作品で日本酒や甘酒をいただける体験型アートイベント「呑むアート展」が、六本木ヒルズのCafe THE SUNにて1月13日、14日の二日間開催!

01 | 15

日本のみならず、世界最大規模の見本市「ミラノサローネ」や、欧州最大級のインテリア・デザインの見本市「メゾン・エ・オブジェ」など、国内外で高い評価を受ける注目の”ストリート陶芸家”古賀崇洋さん。「呑むアート展」では、呑む器というシンプルな用途に絞って生み出された彼の作品20点が展示されています。


デザインもさまざまで、プラチナや金を使ったスパイキーな酒杯から虎や龍をモチーフにした頬鎧盃まで幅広いラインナップ。中でも古器のような風情のある青銅は、古賀さん自身もいちばんのお気に入りなのだそう。

写真 2018-01-12 16 02 21

「陶芸家の間で有名なある壷をみたときに、その作品が持つ独特の力強さのようなものを感じたんです。作品の制作にあたり、その力強さを自分なりの解釈で表現できないかと試行錯誤し、今回の作品には円錐の突起物をほどこしました。実際に焼き物としての強度も、円柱より円錐の方があるんですよ」(古賀さん)

また、それぞれの作品からインスピレーションを受けてセレクトされた日本酒や甘酒を、好みの作品でいただくことができるのもこのイベントの醍醐味。ぜひ作品を実際に手にとって体験してみてください。作品は購入も可能です!

古賀崇洋「呑むアート展」
主催/The Breakthrough Company GO (PR/Creative Director 三浦崇宏)
会期/2018年1月13日(土)、14日(日)11:00〜22:00(入館は21:30まで)
会場/六本木ヒルズ Cafe THE SUN
住所/東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ 森タワー 52F
料金/ドリンクのみ ¥1,000〜1,500、アート購入 ¥10,000〜300,000
展望台料金/一般 ¥1,800、学生(高校・大学生)¥1,200、子供(4歳~中学生)¥600、シニア(65歳以上)¥1,500

Profile

古賀崇洋(Koga Takahiro) 1987年生まれ。福岡県出身。陶芸作家。ストリートから伝統文化を革新し続ける。イタリアの「ミラノサローネ」や、フランスの「メゾン・エ・オブジェ」など、国内外から高い評価を受けている。

Profile

鄭季和(Kefa Cheong)ウェブ・プランナーー。大学でメディア・アートを専攻し、音や光を中心としたインタラクティブ作品やプロダクトの制作に没頭。学生時代よりウェブ・アシスタントとして『Numero TOKYO』に参加。日々のニュース配信や公式SNSの更新のほか、アーティストJUJUによるファッション企画「JUJU’s クローゼット」やタレントRIKACOのトーク連載のデジタル担当として活躍。面白い&魅せるコンテンツ作りを目標に、末っ子編集部員として邁進中。永遠のポテト・ラバー。

Recomended Post