Fashion / JUJU's Closet

JUJUが着こなす“グルーヴファッション”

numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s Closet』。JUJUが着こなす2017年春夏シーズンのファッションストーリーを、3つのキーワードとともにお届け。

2017年春夏コレクションのランウェイで一際目を引いたピンクとレッドのカラーレイヤード。そのインパクトある色の組み合わせを、田中杏子が“グルーヴィー”にスタイリング。今まで見たことのない、JUJUの躍動感あふれるファッションストーリーを一挙公開。

Fashion Story

ハイ&ローが今の気分!

スリーブレストップ¥35,000/Balmain(ブルーベル・ジャパン) パンツ¥42,000/G.V.G.V.(ケイスリー オフィス) サンダル¥288,000(参考価格)/Marc Jacobs(マーク ジェイコブス カスタマーセンター) バッグ¥295,000/Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン ジャパン)
スリーブレストップ¥35,000/Balmain(ブルーベル・ジャパン) パンツ¥42,000/G.V.G.V.(ケイスリー オフィス) サンダル¥288,000(参考価格)/Marc Jacobs(マーク ジェイコブス カスタマーセンター) バッグ¥295,000/Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン ジャパン)

ロング丈のサテンのワイドパンツやきらびやかなラインストーンのバッグを、あえてカジュアルなTシャツと組み合わせるのが今の気分。ハイ&ローな素材をミックスして、クールで軽快な着こなしを楽しみたい。

大胆カラーで遊ぶポップなスタイリング

ジャージートップ¥12,800/Stüssy Women(ステューシーウィメン ハラジュク) スカート¥281,000/Emilio Pucci(エミリオ・プッチ ジャパン) サンダル¥118,000/Versace(ヴェルサーチ ジャパン) キャップ¥23,000/Rag & Bone(ラグ & ボーン 表参道) バックパック¥120,000/Bally(バリー 銀座店)
ジャージートップ¥12,800/Stüssy Women(ステューシーウィメン ハラジュク) スカート¥281,000/Emilio Pucci(エミリオ・プッチ ジャパン) サンダル¥118,000/Versace(ヴェルサーチ ジャパン) キャップ¥23,000/Rag & Bone(ラグ & ボーン 表参道) バックパック¥120,000/Bally(バリー 銀座店)

大胆なカラープリントのスカートを主役に、キャップやバックパックのユニークなアイテムで遊び心をプラス。指し色のブラックが、ポップな全体の配色を引き締めてくれる。

ピンクが織りなす“グルーヴファッション”

ドレス¥346,000(参考価格)/Marc Jacobs(マーク ジェイコブス カスタマーセンター) プラットフォームパンプス¥100,000/Charlotte Olympia(ブルーベル・ジャパン)
ドレス¥346,000(参考価格)/Marc Jacobs(マーク ジェイコブス カスタマーセンター) プラットフォームパンプス¥100,000/Charlotte Olympia(ブルーベル・ジャパン)

デコラティブなシースルードレスに網タイツを合わせた、“ピンク×ピンク”のパンチの効いたスタイリング。ボトムにショートパンツを合わせて、ドレスの素材を活かしたコーディネートに。シルバーのイチョウが一段と華やかに際立つ。

Recomended Item

JUJUが撮影で気になったアイテムとは!?

サンダル¥288,000(参考価格)/Marc Jacobs(マーク ジェイコブス カスタマーセンター)
サンダル¥288,000(参考価格)/Marc Jacobs(マーク ジェイコブス カスタマーセンター)

存在感大の「マーク ジェイコブス」のサンダルは、JUJUも思わず「竹馬みたい!」と興味津々。驚くほどのソールの高さは、フェスやイベントでも活躍すること間違いなし!?

バッグ¥295,000/Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン ジャパン) ピアス¥135,000/Giuseppe Zanotti(ブルーベル・ジャパン)
バッグ¥295,000/Christian Louboutin(クリスチャン ルブタン ジャパン) ピアス¥135,000/Giuseppe Zanotti(ブルーベル・ジャパン)

ラグジュアリーなアイテムをあえてカジュアルに着こなすのが2017年春夏のトレンド。JUJUも「大好き!」というきらびやかなアイテムも、“グルーヴ”なスタイリングで楽しみたい。

スカート¥281,000/Emilio Pucci(エミリオ・プッチ ジャパン)
スカート¥281,000/Emilio Pucci(エミリオ・プッチ ジャパン)

「これ欲しいな〜!」とJUJUが一目惚れしたのは「エミリオ・プッチ」のプリントスカート。今季注目の“ピンク×レッド”が一着で取り入れられる贅沢な逸品。

Inspired Music

JUJUが口ずさみたくなった“グルーヴ”な音楽

Into The Groove/ MADONNA

ヌメロなみなさまごきげんよう。2017年が始まってしばらく経ちました。寒さも少し和らいできたからもうじき来るであろう春に想いを馳せつつも、いまだにまだまだ襲って来る底冷えする程の冬日には最後の悪あがきと思われてもかまわないとばかりに冬物のヘヴィーなアウターを楽しんでいる私のこの頃。みなさまはいかがお過ごしでしょうか? 昨年の秋あたりから意識改革を行っている私。重かった腰を軽めにしてお休みが少しでもできたら国内外問わずひとり旅に出かけるようになったり、今まではなんってったって黒い服ばかりを着ていて、自分の中に必ずある自分なりのシルエットとかイメージを決して崩そうとしなかったっていうか崩せなかったけれど、そろそろもっと自由に色んなものをおもしろおかしく着ようっていう風にファッションに対する考え方もシフトチェンジしていったりしてて。これまでの概念を覆すっていう作業は結構興味深くって、お買い物に行ったりしても自分の触手が動くものが増えていくのはワクワクものだし、本当に久方ぶりのひとり旅の自由さに心の底から満たされたり。とにかく誰かとか何かに惑わされず自由な感性でいるっていうのが近頃の私のモットーです。

さて、そんな気分に世の中がなっているからなのか、私が世の中の流れにたまたま同調しているのかはたまた籠絡されているのかはわからないけれど、今回の「JUJU’s Closet」、テーマは「GROOVE」でございます。私が初めてGROOVEという言葉を耳にしたのは幼少の砌に大人の誰かが聴いていたTHE YOUNG RASCALSの“Groovin’”っていう曲だと思います。とはいえ自分の意志で聴いてないからそれはカウントしないことにして、私が生まれて初めてGROOVEって言う言葉に反応したり、それ的な何かを感じたのはMADONNAの“Into The Groove”っていう曲でした。あの曲調と歌詞(とダンス)にノックアウトされたのを今でも鮮明に覚えているなぁ…。

Text:JUJU

コラムの続きは「JUJU ONLINE」にて公開

連載をチェック!

Photos:Motohiko Hasui
Styling:Ako Tanaka
Styling Assistant:Nozomi Urushibara
Hair & Makeup:Akiko Gamou(Heads)
Text:Kefa Cheong
Edit:Maki Saito

Profile

JUJU(じゅじゅ)歌手。18歳で単身渡米。2016年 10月26日、カヴァーアルバム『Request』シリーズ第3弾、80年代歌謡曲を収録した『スナックJUJU ~夜のRequest~』をリリース。–ジュジュ苑スペシャル–「スナックJUJU」アリーナツアー2017が17年5月〜7月まで全10公演開催! 3月22日には34枚目のシングル「Because of You」(映画「パッセンジャー」日本語吹替版テーマソング)をリリース。 HP/www.jujunyc.net Twitter/@JUJUsonymusic LINE/ID:JUJU

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する