74
Fashion JUJU's Closet

JUJU × 田中杏子「カラフルなアイテムで気分UP」

numero.jpでしか読めないモードな連載『JUJU’s Closet』。最旬アイテムをJUJUが着こなす撮影に先立ち、2017年春夏のファッショントレンドについて、JUJUと小誌編集長・田中杏子が3回にわたりトーク。

Photo:Kisimari
Hair & Makeup:Akiko Gamou
Interview & Text:Kefa Cheong
Edit:Maki Saito

jujuscloset#74_main

カラフルでハッピーなムードに包まれた2017年春夏コレクション。第二弾は「レインボー(Rainbow)」をテーマに、最近のJUJUのファッション事情についてトークが大いに盛り上がりました。(中編)

JUJUが最近買ったカラーアイテム

田中杏子(以下A)「前回は『グルーヴ(Groove)』をテーマに、音楽についてたくさんお話しを聞かせてもらいました。今回のテーマは『レインボー』です。黒いアイテムがお好きなJUJUさんですが、あれからカラフルなアイテムは着ていますか?」

JUJU(以下J)「それが、最近また黒いアイテムばかり買って着ています。『サンローラン(Saint Laurent)』が好きなんですが、可愛いニットとシュッとしたローブのようなコートがあったので思わずゲットしました。相変わらずどちらもモノトーンです(笑)」

A以前JUJUさんとお話しした際、リハーサルのときはいつも以上に着飾っているとおっしゃっていましたが、今でも続けていますか?」

J「はい!」

A「お、リハーサル時のドレスアップは継続しているんですね!」

J「あとは、昔からの知人でスタイリストの祐真朋樹さんと食事に行くときはドレスアップを楽しんでいます。『ええな、そのアイテム』と言ってくださるんです。見事にどこのブランドかはハズしますが(笑)」

A「それでもスタイリストか〜!って(笑)。彼もファッションが大好きな方ですもんね」

FW16 LONDON FASHION WEEK
Courtesy of Gucci

J「そういう時は派手な格好をしています! この間はトップは黒のニットですが、ボトムは『グッチ(Gucci)』のうねうねしたスパンコールスカートを履いていたかな」

A「モード系のファッションは男性ウケはいい方ではありませんが(笑)、例えば、気になる本命の相手とデートするときはどんなコーディネートですか? ファッションに対して保守的な男性は少なくないと思うので」

J「相手によりますね。例えば、フリーダ・ジャンニーニが手がけていた頃の『グッチ』とアレッサンドロ・ミケーレの今の『グッチ』とでは反応が全く違ったり」

A「祐真さんは、いまの『グッチ』のような派手で華やかな格好でも、おしゃれを楽しんでいる姿を見たら喜びそうですよね」

J「そういう方は祐真さんだけですね(笑)。ゲットしたスパンコールスカートも、『キラキラでスケスケだな!』と褒めてくださいました。他にも女友だちと出かけるときは派手にできます」

A「いいじゃないですか! 私もやっぱり最近の『グッチ』が好みなんですが、『可愛いね』と言ってくれる男性は少ないかもしれません。女性とゲイからは好評なんですが…」

JUJUがトライしたいソックスコーデ

Profile

JUJU(じゅじゅ)歌手。18歳で単身渡米。2016年 10月26日、カヴァーアルバム『Request』シリーズ第3弾、80年代歌謡曲を収録した『スナックJUJU ~夜のRequest~』をリリース。–ジュジュ苑スペシャル–「スナックJUJU」アリーナツアー2017が17年5月〜7月まで全10公演開催! HP/www.jujunyc.net Twitter/@JUJUsonymusic LINE/ID:JUJU

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post