People / Interview

パーティの達人!『プレイボーイ』創刊者ヒュー・ヘフナーが伝授する「パーティの極意」

91歳でこの世を去った、雑誌『プレイボーイ(PLAYBOY)』の創刊者ヒュー・ヘフナー(Hugh Hefner)。10年前の「Show Time」特集にて、パーティ・マスターの異名をとる彼のインタビューが実現。ハリウッドの豪邸で繰り広げられる噂のパーティとは一体…?(「ヌメロ・トウキョウ」2007年12月号掲載)

playboy04
playboy04

2005年「真夏の夜の夢パーティ」(3人の恋人に囲まれて。左からケンドラ、ブリジット、ヘフナー氏、ホリー)

パーティでもパジャマにスモーキング・ジャケット

「シカゴにプレイボーイ邸を購入した時、僕はそこに住むためだけでなく、働ける場所にもした。家で仕事をするようになったことで、楽な服で仕事をするようになり、パジャマでいることが多くなった。やがて、来客時には、パジャマの上にスモーキング・ジャケット(上述した、短いガウンのようなデザインのジャケットで、膝上丈)、または、ホスティング・ジャケットを羽織って出るようになった。そうしたら、その格好がだんだん有名になってね。スーツで現れると、みんながっかりするようになったんだ。そういうワケで、パジャマにスモーキング・ジャケットという格好がトレードマークになった。君が言うように、これは僕のユニフォームだよ。僕がこの格好で登場するのをみんなが期待しているワケだからね。この格好はとても楽でいい。

playboy05
playboy05

2003年、ラスヴェガスのザ・パームス・ホテル・アンド・カジノで行われた「プレイボーイ誌発刊50周年記念パーティ」

実はそれぞれ、デザインがちょっと違っていたりするんだよ。パジャマは200着持っていて、すべてカスタムメイド。いつも50着くらいがクローゼットに掛かっている。色は8種類くらい。仕事をするときは黒で、昼間は色のあるヤツを着る。インタビューや写真撮影、公の場に出る時には、こうしてスモーキング・ジャケットを羽織る。ドレスコードがパジャマや下着となっているパーティや、金曜、土曜の夜のパーティでも、パジャマにスモーキング・ジャケット。普段は、紫色のパジャマに赤のサテンのホスティング・ジャケット。今日は、ベルベット生地で、襟がサテンのヤツだけど、青や黒も持っているよ。これのジャケットも大体がカスタムメイドだよ」

パーティ・マスターになるための秘訣

Coordination & Text : Izumi Hasegawa
Photos : Playboy
Edit:Masumi Sasaki

Profile

Hugh Hefner(ヒュー・ヘフナー) 1926年シカゴ出身。大学時代から新聞や雑誌などに漫画を寄稿。49年、大学で知り合った女性ミルドレッドと結婚(59年に離婚)。貯金と家族らの資金援助で、53年『プレイボーイ』誌を創刊。71年、ロザンゼルスにプレイボーイ邸を購入。88年、社長の座を娘、クリスティに譲る。89年、プレイメイトのキンバリーと結婚(99年に離婚)。現役プレイボーイとして、07年には3人の恋人を持つ。17年9月、91歳でこの世を去る。

Recommended Post

Magazine

ec

October 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power

私より、あなたのために

オンライン書店で購入する