49
People Interview
セックス依存症の妻を熱演する、
佐々木希にインタビュー

9月16日(土)配信スタートのHuluオリジナル 連続ドラマ『雨が降ると君は優しい』で、セックス依存症の女性を演じる女優の佐々木希。野島伸二が描く愛と葛藤の世界に挑んだ彼女に、現在の心境をインタビュー。

Photos:Wataru Fukaya
Styling:Chizuru Komatsu
Hair&Makeup:Riho Takahashi

Interview & Text:Miho Matsuda

Edit:Masumi Sasaki

9S3A193973

佐々木希が演じる立木彩は、かつて女性誌で読者モデルをしていたが、玉山鉄二演じる立木信夫と結婚後、老人ホームの介護助手を務めている。夫の愛情に包まれ何の不満もない生活。しかし、実はセックス依存症を患っており、見知らぬ男性と肉体関係を持ってしまう——。自分ではどうにもならない衝動と夫への愛情の間で葛藤する彩(あや)役は「大きなチャレンジだった」という彼女に、理想の夫婦像や恋愛観について聞いた。

セックス依存症の彩(あや)に儚さと愛おしさを感じた

──セックス依存症という心の病があることは知っていましたか?

「そういう言葉があると聞いたことがあるくらいで、深くは知りませんでした。今回、演じるにあたって資料やネットで調べると、依存症の治療をされている方は日本にもいて、女性でも悩んでいる方がいるということがわかりました」(※「セックス依存症」の正式な病名は「性嗜好障害」)

──彩を演じてみようと思った理由は?

「まず、脚本の野島伸司さんから声をかけていただいたのが、すごく嬉しかったんです。それに、台本を読むと、やはりすごく面白くて。早く次の台本を読みたいと思いました。それに彩のキャラクターはどこか憎めない。いつの間にか消えちゃいそうな儚さもあって、そこに愛おしさを感じたんです。それで、大きなチャレンジになるだろうけれど、がんばってみようと思いました!」

──実際に彩を演じてみてどうでしたか?

「体力と集中力が必要でした。彩は感情の起伏が激しくて、怒ったり泣いたり笑ったり、次々に表情が変わるので集中力をキープすることが大変でした。家庭でのシーンは、大きな愛情に包まれて優しい気持ちで演じられるのですが、彩がクリニックでカウンセリングを受けるシーンは感情的で不安定。カウンセラーを演じる木村多江さんと『このシーンはすごいですね、頑張りましょう』とお互い励まし合いました(笑)」

夫婦の絆とは、見返りを求めない無償の愛

Profile

佐々木希(Nozomi Sasaki) 1988年生まれ、秋田県出身。2006年に芸能界デビュー。以降映画やドラマ、CM、雑誌など多岐に渡り活躍中。2015年には『ブロッケンの妖怪』にて初舞台に挑戦した。主なTVドラマ出演作にファーストクラス』『黒服物語』『THE LAST COP/ラストコップ』『小さな巨人』など。2018年は映画『伊藤くん A to E』の公開を控える。


Recomended Post