43
People Interview

日本語ラップ再燃! Zeebraにインタビュー

90年代、突如ブームになった日本語ラップがいままたアツイ! MCバトルのTV番組が盛り上がり、夜の街でも即興ラップを繰り広げる若者たちがチラホラ。これを一時の若者のブームと思うなかれ。新しいのにどこか懐かしさすら感じる日本語ラップは、大人こそ楽しむべきなのです! そんな日本語ラップの魅力について、先駆者の一人、Zeebraにインタビュー。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2016年12月号掲載)

Interview & Text:Tatsunori Hashimoto
Edit:Saori Asaka

#102_fd

2015年9月のスタート以来、若者はもとより、1980〜90年代の日本におけるヒップホップ(※1)創成期に初めてラップに触れた世代も巻き込んで盛り上がるMCバトル番組『フリースタイルダンジョン』(以下:FD)(※2)。フリースタイル=即興ラップの認知度を飛躍的に向上させた同番組でオーガナイザーを務めるのが、90年代に日本語ラップの土台を築き、シーンを牽引してきた先駆者の一人、Zeebra。番組をはじめとする今の日本語ラップブームと、その魅力について聞いた。

──『FD』が人気ですが、若者たちの間でラップが日常になった今のブームをどう見ていますか?

『高校生RAP選手権』(※3)が若年層の人気を得たことで、ある程度うまくいくだろうなと思ってはいましたが、やはり地上波の影響力はデカいなと。スタートから半年もすると会場にお客さんの長蛇の列ができるようになり、やがて地方でも頻繁にMCバトルのイベントが行われるようになってきて。『FD』が着実に全国に浸透しつつあるなという実感は日々あります」

──ラップブームに関しては?

「現時点ではラップそのものというよりはフリースタイルのブームかなと。ヒップホップの一要素であるフリースタイルが目新しく映っていると思っていて…でも、そういうスタイルが広く知れ渡ったことは素直に喜ばしいことです。今までずっと伝え続けてきたラップの面白さが、テレビだと一発で体感できる。しかも全国の人たちに伝わるのはすごいです」

──主催者として『FD』のどんなところがウケたと分析しますか?

「一つは『チャレンジャー』が『モンスター(すご腕のラッパー)』を倒していくと『ラスボス』の般若(※4)に挑戦できるという、PRGゲーム的なわかりやすさがあると思うんです。また今の時代のスタイルにハマった面もある。ネットやSNSが広まったことで、逆にみんなが言葉を慎重に選ぶようになった。そんな窮屈な世の中で『FD』に登場するラッパーたちは言いたい放題、ディスりたい放題ですから(笑)」

──『FD』を始めた経緯は?

「サイバーエージェントの藤田晋さん(※5)に『高校生RAP選手権』みたいなMCバトルの企画を地上波でやれないかと相談を受け、イベント用に書いていた企画書を出したのが始まりです。僕自身『高校生〜』を卒業したラッパーたちが戦える舞台を作りたいなと思っていたこともあります。それで話が進み、テレビ制作のスタッフを交え『テレビ向けにさらにわかりやすくしよう』と。企画書の草案にあった『フリースタイルダンジョン』というタイトルを掘り下げて、RPGのようなゲーム性を強くすることに」

言葉を崩すのは
一つのハードルであり、面白さ

Profile

Zeebra(ジブラ) 1971年生まれ。東京都出身。93年に伝説と化したヒップホップグループ「KING GIDDRA」のフロントマンとして名を馳せ、日本におけるヒップホップ・シーンの拡大に貢献。97年のソロ・デビュー以降もシーンに影響力を持ち、カリスマ的存在となっている。現在は自身のレーベル「GRANDMASTERG」の運営に携わりながら、「クラブとクラブカルチャーを守る会」会長、渋谷区観光大使ナイトアンバサダーなども務めている。ほかテレビ、ラジオなど幅広く活躍。

Recomended Post