ITZYインタビュー「強くて可愛いヒーローになって、もっと大きなステージに」 | Numero TOKYO
Interview / Post

ITZYインタビュー「強くて可愛いヒーローになって、もっと大きなステージに」

5人組グローバルグループ、ITZYが日本1stアルバム『RINGO』をリリースした。大ヒット中の『SNEAKERS』や『Cheshire』の日本語バージョンの他、日本オリジナルの新曲を4曲収録。キュートで強いアイデンティティのあるITZYの世界観に、童話のファンタジックな要素がプラスされた『RINGO』では、どんな魅力を見せてくれたのか。また日本での過ごし方とは? 来日した4人にインタビュー。

今回は、YEJIさん、RYUJINさん、CHAERYEONGさん、YUNAさん4人のインタビューとなります。

自分の未来はこの手で切り開く、強くて新しい魅力を見せたい

──日本1stアルバム『RINGO』が世界中のMIDZY(ITZYのファン)の間で話題になっています。このアルバム、また同名のタイトル曲のコンセプトは?

YEJI「私たちの1stアルバム『RINGO』は、童話のストーリーがテーマです。童話に登場する主人公のような生き方をしようということじゃなくて、私たちは自分の物語の主人公だから、自分のストーリーを作っていこう、そんな素敵な意味が込められています。タイトル曲『RINGO』のミュージックビデオにも表現されているのですが、プリンセスだけじゃなくて、女戦士にもなれるというコンセプトです」

──タイトル曲『RINGO』の歌詞の中でお気に入りのフレーズや、MV撮影で印象に残っていることは?

RYUJIN「『未来はこの手の中に』という歌詞があるんですが、この曲の重要な言葉だし、大好きなフレーズです。ミュージックビデオでは、白馬に乗るシーンがあるんですね。スタジオで見た白馬はとても大きくて驚いたのですが、乗ってみると温かくて柔らかくて。とても楽しい撮影でした」

YEJI「私がこの曲のポイントだと思うのは『可愛い顔したHero』という歌詞です。メンバーみんなが可愛いのはもちろんですが(笑)、ヒーローという言葉から、まるで強くてかっこいい物語の主人公になったような気がしました。ミュージックビデオには、女戦士になるシーンがあるのですが、撮影のとき、銃の持ち方や、刀の構え方、立ち回りなど、アクションのレッスンをしてくださったんです。そのおかげで素敵なシーンを撮影することができました」

YEJI(イェジ)

──この『RINGO』は童話がテーマになっているというお話がありましたが、幼い頃に好きだったおとぎ話は?

CHAERYEONG「小さな頃は、『白雪姫』が好きでした。よく絵本で読んでいたのですが、それがとても可愛くて。今でも大好きな童話です。ハッピーエンドで終わるところがいいですよね」

YUNA「子供の頃、『うさぎとかめ』をよく読んでいました。そのときは、うさぎとカメががんばっているんだなとしか思わなかったけれど、今考えると、教訓を与えてくれる話です。やっぱり、真面目で誠実であることは大切なことです」

──ということは、カメ派ですか?

YUNA「う〜ん……。でも、ファンのみなさんが、私の顔立ちがうさぎのようだと言ってくださるので、カメのように真面目なうさぎを目指します!(笑)」

──レコーディングのときのエピソードを教えてください。

YEJI「『RINGO』は私にとって大好きな1曲なので、曲をいただいたときから、レコーディングが楽しみでした。実は最後の『結末なら自分で選ぶわ』というパートの裏に、ブルルルラァ!という合いの手が入っているんですね。デモを聞いた時は私にできるか不安だったんですけど、私とRYUJINさんがレコーディングして、意外とすんなり上手くできました。こういう表現に挑戦するのも面白かったし、この曲の1つのポイントになったのではないかなと思います」

CHAERYEONG「この曲は全体的に音域が高いんです。私も歌い切れるか心配していたのですが、踊りたくなるような曲調なので、楽しく歌うことができました。レコーディングした後は、カラオケに行ったときのようにすっきり。ストレス発散になりました(笑)」

RYUJIN(リュジン)

──日本語の歌詞でしたが、心配はありませんでしたか?

全員「大丈夫です!」

YUNA「スタッフのみなさんが、親切に教えてくれるので、日本語はばっちりです!」

──今回、アルバムに収録されている『Trust Me (MIDZY) -Japanese ver.-』は、今年2月に行われた『ITZY THE 1ST WORLD TOUR <CHECKMATE> in JAPAN』で初披露され、日本のMIDZYにとって思い入れの強い曲です。日本デビューからもうすぐ2年ですが、どんな時に日本のMIDZYからの愛を感じますか。

CHAERYEONG「いつも色々なところでMIDZYからの愛をいただくのですが、一番強く感じるのは、ステージの上にいる時です。ステージからみなさんの表情を見ると、涙ぐんでいる方や、私たちをとても優しい目で見守ってくださる方もいて、私たちもとても感動しています。それと同時にがんばらなくちゃという責任感も生まれます」

RYUJIN「私もコンサートやイベントでみなさんと触れ合うことが大好きなんですが、それだけじゃなくて、 例えば、私たちがアルバムの準備をしている時に楽しみに待っていてくれたり、アルバムをリリースしたらたくさん聴いてくれたり。みなさんが応援してくれること、ひとつひとつがとても嬉しくて、胸が熱くなるし大きな愛を感じています」

CHAERYEONG(チェリョン)

ITZYだけのカラーに新しい魅力を加えて、もっと大きな舞台に

──今回のアルバムでは、『SNEAKERS -Japanese ver.-』に「私らしく手に入れちゃう」、『STYLE』では「何を言われても自分らしくあるの」という歌詞がありましたが、今のみなさんにとって「ITZYらしさ」「自分らしさ」とは?

YEJI「私は、ITZYだけの魅力があると思っているんですね。私たちは独自の強いカラーがあって、その上で堂々とパフォーマンスをすることが、ひとつの音楽的なメッセージになると信じています。MIDZYのみなさんも、そんな姿を『ITZYらしい』と言ってくださるんですね。メンバー同士でもよく話しているんですけど、ITZYの活動を通して幸せを感じるときが、私が私らしくいられる瞬間だと感じるんです。だから、ITZYでいること、ITZYとしてステージに立つことが、自分らしくいられることだと思っています」

YUNA「ありのままの自分を認めて、受け入れることも大切ですよね。MIDZYの前でこれまでいろんな姿をお見せしてきたのですが、どんなときも、 MIDZYのみなさんはいつも私たちを信じてくれて応援してくれます。だから、みなさんの前にいるとき、私もありのままの自分を受け入れることができるし、自分らしさを感じることができるんだと思います」

──今回のアルバムには、辛い時に背中を押してくれるような『Playlist』や『Sugar-holic』、情熱的な『Voltage』『Blah Blah Blah』など、多彩な楽曲が収められていますが、この中でライブでパフォーマンスしてみたいのは?

RYUJIN「私は『STYLE』です。この曲の強いエネルギーをステージでパフォーマンスしたら、きっとみなさんが楽しんでくれるんじゃないかな」

YUNA「私も『STYLE』です! このパフォーマンスを見たら、みなさんもこの曲をもっと好きになってくれると思います」

YUNA(ユナ)

──日本デビューからもうすぐ2年、韓国でのデビューから5年になりますが、みなさんはどんどん美しさに磨きがかかっています。ルーティンで取り入れている美容法やエクササイズは?

RYUJIN「実は…、すごく面倒くさがり屋で管理が苦手なので、答えに悩んでしまうんですが…。よく寝てよく食べると肌の調子もよくなると聞いたので、これも美容法のひとつだと思って実践しています」

全員「(笑)」

YEJI「私は入浴剤です。練習でたくさん踊って疲れているときには、シャワーだけじゃなくて、ちゃんと入浴するようにしています。一時期、入浴剤をたくさん集めることにハマっていたこともあって。今回、日本で気になっている入浴剤をたくさん買っていこうと思っています」

──それに関連して、日本でつい買ってしまうものは?

CHAERYEONG「緑茶です! 日本に来ると、必ずコンビニで緑茶を買います。日本の緑茶は濃くて美味しいんですよ」

YUNA「私はむくみが取れるというビタミン飲料を必ず買います。撮影の日、朝にこれを飲むと、とってもスッキリしてきれいになれる気がして。でも、人気の商品なのか、コンビニにもたくさんあるわけじゃないので、見かけたらすぐに買います」

──2019年に韓国デビューして、現在、5年目です。キャリアを着実に重ねてきたみなさんが考える、「今のITZYのここを見逃すな!」というポイントを教えてください。

YEJI「私たちはこれまで、格好いいパフォーマンスを目指して活動してきました。今でも私たちは格好いいけれど、もっと上を目指せると思っています。『RINGO』でも、強靭な女戦士という新しい姿に挑戦しましたが、これからもっと成長していく姿をみなさんに見ていただけたらと思っています」

YUNA「YEJIさんのいう通り、『ステージを見逃すな!』です。 自分たちでも、これはすごいと思うようなパフォーマンスに挑戦しているので、絶対に見逃さないでくださいね」

──これからのITZYについて教えてください。これからの目標、目指す姿とは?

YEJI「もうすぐ、6年目だなんて信じられない気持ちです。これまでたくさんのITZYの姿をみなさんにお見せしてきたわけですが、これからもたくさん見ていただきたいものがあるし、MIDZYのみなさんとこれから一緒に過ごす時間が楽しみです。新しい姿にも挑戦するので、温かく見守ってくれたら嬉しいです」

RYUJIN「私たちには、5年の間に培ったITZYだけのカラーがあるし、ステージでの経験も私たちのしっかりした基盤になっていると思います。ITZYのカラーに、新しい魅力を加えて、もっと多くの方々にお会いしたいし、挑戦する私たちをお見せしたいと思っています」

CHAERYEONG「私たちの魅力はまだまだあると思っているので、みんなでまた一緒に悩みながら、私たちの世界を作っていきたいと思っています。そして、より多くの人にITZYを知ってもらいたいし、さらに大きな会場でコンサートをすることが目標です」

YUNA「もう6年目になるなんて、時間が経つのは早いですね。デビューの頃のステージを改めて見ることがあるんですが、私たちは成長できたな、経験を積むことができたなと実感します。これからのステージでも、以前より成長した姿を見ていただけるんじゃないかと、私たち自身も期待しています。これまでの時間以上に、これからもっと幸せな時間が待っていると思います」

ITZY『RINGO』

価格/
初回限定盤A/CD+DVD ¥4,200
(『RINGO』Music Video Making Movie、『RINGO』Jacket Shooting Making Movie、Documentary of ITZY JAPAN DEBUT SHOWCASE “IT’z ITZY”/歌詞ブックレット36pスリーブケース仕様、初回限定盤Aトレーディングカード1枚ランダム封⼊(集合1種、ソロ5種 ユニット5種の全11種)、特典応募シリアルナンバー1枚封⼊)

初回限定盤B/CD+TRADING CARDS ¥4,200
(初回限定盤Bトレーディングカード10枚ランダム封入(集合2種、ソロ20種、ユニット5種の全27種)、歌詞ブックレット 20pスリーブケース仕様、特典応募シリアルナンバー1枚封⼊)

通常盤/CD ¥3,100
(歌詞ブックレット20p、<初回プレス分のみ>通常盤トレーディングカード1枚ランダム封⼊(集合1種、ソロ5種の全6種)、特典応募シリアルナンバー1枚封⼊)

ITZYのサイン入りチェキを3名様にプレゼント!応募はこちらから

Photos:Takao Iwasawa Interview & Text:Miho Matsuda Edit:Naomi Sakai

Profile

2019年2月にJYPエンターテインメントより韓国デビュー。メンバーはYEJI(イェジ)、LIA(リア)、RYUJIN(リュジン)、CHAERYEONG(チェリョン)、YUNA(ユナ)の5人組グローバルグループ『ITZY』。デビュー前から、様々なサバイバル番組や他のアーティストのMV出演経験のある実力派。デビュー直後から、ティーンクラッシュの魅力とカリスマ性、「自己肯定」のストレートなメッセージが支持され、世界から注目を集める存在に。2021年12月『IT’z ITZY』で日本デビュー。第36回日本ゴールドディスク大賞にて「ベスト3ニュー・アーティスト(アジア部門)」を受賞。2022年8月のソウル公演を皮切りに、アメリカやアジアを含む全16地域を回るワールドツアー「ITZY THE 1ST WORLD TOUR <CHECKMATE>」を成功させる。2023年7月『KILL MY DOUBT』をリリース、 10月18日には初の日本アルバム『RINGO』を発売。

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する