新垣結衣・磯村勇斗 インタビュー「考えて、想像し続けること。それが思いやりに繋がるのかもしれない」 |Numero.jp
Interview / Post

新垣結衣・磯村勇斗 インタビュー「考えて、想像し続けること。それが思いやりに繋がるのかもしれない」

朝井リョウによるベストセラー小説『正欲』が映画化された。この作品は、とある性的指向を持つ人々が登場する物語だ。ダイバーシティが謳われる今、どんな“多様性”なら認められるのか。もし、それが社会に許されないものなら、どう生きればいいのか。この作品は、観客ひとりひとりに“多様性”の本当の意味とは何か、強く問いかけてくる。本作では、ある性的指向により、毎日、息をひそめて生きる桐生夏月を新垣結衣が、また、夏月と15年ぶりに再会する中学の同窓生、佐々木佳道を磯村勇斗が演じる。2人はこの作品を通して、何を感じたのだろうか。

自分とは異なる性的指向だとしても、共感はできなくても理解はできる


──本作への出演はすぐに決断しましたか。

新垣「まず、企画書の時点で興味を惹かれました。そして脚本を待つあいだに原作を読み、映画化するにあたり、考えるべきことがたくさんあると感じました。特にこの作品は、製作陣が全員、同じベクトルで臨む必要があると思ったんです。だから、脚本を読んだ上で、監督と直接、お話する時間をいただきました。私が気になったのは、夏月たちの指向をどう表現するかという点です。彼らの感情は私たちには想像が及ばないですし、誰かの経験談を参考にしたり資料を当たったりすることもできない中で、『この指向はこういうものだ』と、それが全てかのように思わせてしまわないかが不安でした。そういったことなどを、十分に話し合って撮影に臨むことができたのはとても良かったなと思っています」

磯村「僕は、昨年の『前科者』で岸監督とご一緒していたので、お話をいただいて、すぐにお返事しました。ただ、この作品に関しては、台本を1回読んだだけで全てを理解することはできず、映画で描かれる指向についても、自分自身でもたくさん考える時間が必要でした。体の内側から熱が上がっていくような衝動をどう表現したらいいのか、どうやって気持ちを作るのか。とても難しいからこそ役者として挑戦する意味があるし、この作品のメッセージ性は、きちんと世に出す意味があると感じました」

──二人が演じる、夏月、佳道についてはどんな印象を?

新垣「夏月は、悲しいことを悲しいと感じ、嬉しいことを素直に喜ぶような、この世界に暮らす“普通”の人です。でも、とある指向を持っていることから、どこにいても自分の居場所ではないように感じて、体の周りにモヤがかかっているように息苦しくて。それが、佳道と出会うことによって、霧が晴れるように変わっていく。とても感覚的ですが、そう感じました」

磯村「佳道も夏月と同様に、特殊な指向を持ちながらも、自分の心の奥に鎖をかけて、なんとか社会に馴染もうとして生きています。でも、どこか周囲の人と生きるスピードが違うというか。みんなは軽やかに動いているのに、自分はひとつのところに留まっているように感じていて。疎外感や孤独感を抱いているし、あらゆることを諦めながら生きている人物ですが、夏月と出会うことで再生へと向かっていきます。佳道も夏月と同じように、特別な人ではないんですよ。それに、誰しもが、きっと他人には理解してもらえないだろうなと諦めてしまうような想いを抱えていたりしますよね。その点は、理解できると思いました」

──今回、新垣さんと磯村さんは初共演ですが、お互いの印象は?

新垣「磯村さんはいつも自然体で、好奇心も旺盛で、この仕事に対して、まっすぐに取り組んでらっしゃるので、一緒にいて安心感がありました」

磯村「自然体という言葉は、僕がそのままお返ししたいくらいですよ。新垣さんは、お芝居の場であっても支度場であっても自然体でした。新垣さんがいると、周りが優しいベールに包まれて、現場がすごく穏やかだったんです。きっとそれは、新垣さんの佇まいや気の遣い方によるものだったと思うし、僕もナチュラルでいられました。新垣さんのおかげです」

新垣「撮影は私が先にクランクインして、ずっと1人のシーンを撮っていたんですよね。だから、磯村さんが来た日は、やっと会えた、もう1人じゃない!と嬉しくて。それから、覚えているのが、二人で抱き合うシーンがあるのですが、それをどうやって表現するのかを、現場でしばらく監督と話し合っていたんです。それを隣で聞いていた磯村さんが、『それはこういうことなのでは』と話し始めた途端、スルスルまとまったんですよ。俯瞰して見てくれているんだと。だから、現場では、夏月としても、新垣としても、とても頼りにしていました」

磯村「ありがとうございます。今、振り返ってみると、夏月と佳道のシーンにとてもいい空気が流れていました。新垣さんはどんな芝居でも、広くて深い度量で受け止めてくださるんですよ。俳優としても、ひとりの人間としても、とても尊敬しています」

想像もつかないことを、ずっと考え続けること。それが思いやりなのではないか

──夏月と佳道の関係性についても、一言では表せない複雑なものですが、お二人はどう感じましたか。

新垣「夏月は佳道に出会えて、本当によかったと思います。学生時代に目線だけで繋がったあの瞬間があったからこそ、佳道に再会するまでの長い間、夏月はどうにか生きることができたんだと思います。そんな人に出会えることが奇跡的だと感じました」

磯村「お互いが命の恩人みたいな感じですよね。二人が中学で出会えてなかったら、あの物語は、半分くらい終わっていたと思います。 夏月と佳道は、実はお互いのことをそんなに詳しく知らないのに、ある1本の線で繋がり、理解し合うことができる。その感覚は特別なものです」

──岸監督の今作の目標のひとつが「私たちの本来の感覚は何か、それは間違っていないのか」という疑問を提示することだったそうです。この役を演じて、ご自身の考え方に変化はありましたか?

磯村「僕は昔から、他の人と比べられることが嫌いなんですね。今回、この作品で佳道を演じて、自分は自分でいいという想いがより一層強くなりました。世の中に“普通の人”なんていない。ものごとを判断する定規は、人によって長さも形も違うから、まずは自分自身の個性を大切にすることが重要なんだと感じました」

新垣「夏月たちのような、自分が想像しきれないところで生きている人が必ずいるのだと、改めて感じましたし、『多様性』などに対して漠然と感じていたことを、作品に可視化してもらったような気がしました。人によって捉え方も異なるし、それはこれからも変化していく気がします。考え始めるとキリがないです。だから考え方が変わったというよりは、広げてもらったという感覚に近いかもしれません。原作も、この映画も、何が正しくて何が悪いのかを提示しているのではなく、『あなたは、どう感じますか』と投げかけられているように感じました。撮影中も、ずっと見えない何かと対話しているようで、この作品から一生の課題をもらった気がしています。すぐに答えを出して終わりにするのではなくて、考え続けること、想像し続けること。それが、もしかしたら思いやりに繋がるんじゃないかな、とも思います」

磯村「思いやり。確かに、そうですね」

新垣「私も磯村さんと同じく、私も夏月たちを見ていて、自分自身や、自分のそばにいる人を大切にしたいと改めて思いました」

──もし、再会する前の夏月や佳道のように、何かの理由で立ち止まって苦しんでいる人に、アドバイスするとしたら?

磯村「そういうときは、なんとかして前に進もうとしても、もっと苦しくなるから、一度、立ち止まることも必要だと思います。苦しくて辛いとき、自分が今の状態を受け入れてあげて、それを消化しきったときに、ようやく次が見えてくると思うんです。まだ苦しんでいる状態のときは、先を考えるエネルギーが生まれないですよね。だから、待つことの重要性もあるんじゃないでしょうか」

新垣「次が見出せない状況なのだとしたら、一旦立ち止まって力を蓄えて、何か見えてくるまで待つ。私もそれがいいと思います。その人の置かれた状況や、どんな理由かにもよるとは思いますが、不安で立ち止まってしまう気持ちはよくわかります」

磯村「状況によりますよね。もし、恋愛や仕事のことで悩んでいるとしたら、自分の中に“こうしてみたい”という気持ちが1%でもあるなら、そちらに進んでみたほうがいいと思います。例えば、好きな人がいてどうしていいかわからない状況だったら、立ち止まるんじゃなくて気持ちを伝えたほうがいいし、少しでも新しい仕事に就きたいと思っているなら、思い切って転職してもいいと思います」

新垣「“やらない後悔よりやる後悔”ですね」

磯村「そうです。だから、立ち止まって待つ場合と、思い切って進む場合どちらがあってもいいと思います。自分がなぜ思い悩んでいるのかをじっくり把握してから、判断するのがいいと思います」

新垣「忘れずにいたいのは、生きてるだけでいいということ」

磯村「生きてることが素晴らしい。こんなアドバイスでいかがでしょうか」

衣装(新垣結衣)ニット¥37,400 エプロンドレス¥59,950/ともにTHE RERACS(03-6432-9710) ピアス¥43,000/Tomwood(Tom Wood Store Aoyama 03-6447-5528)リング(左手)¥28,600/BONEE(エドストローム オフィス 03-6427-5901) (右手)¥187,000〈クロス〉¥198,000〈スクエア〉/ともにoeau (Harumi Showroom 03-6433-5395) 靴¥39,600/L’UNIQUE ET MOI(TOMORROWLAND 0120-983-511)ソックス/スタイリスト私物 (磯村勇斗)ジャケット¥155,100、シャツ¥56,100、パンツ¥72,600、シューズ(参考商品)/すべてジュンヤ ワタナベ マン(コム デ ギャルソン 03-3486-7611)

『正欲』


横浜に暮らす寺井啓喜(稲垣吾郎)は、息子が不登校になり、教育方針を巡ってたびたび妻と衝突していた。広島のショッピングモールで販売員をしている桐生夏月(新垣結衣)は、ある日、中学のときに転校した佐々木佳道(磯村勇斗)が地元に戻ってきたことを知る。大学の学園祭実行委員の神戸八重子(東野絢香)は、ダイバーシティフェスを計画し、ダンスサークルに所属する諸橋大也(佐藤寛太)と知り合う。生きる場所も年齢も異なる無関係な5人。だが、あることがきっかけで、混じり合わないはずの線が交差していく……。

監督・編集/岸善幸
脚本/港岳彦
原作/朝井リョウ『正欲』(新潮文庫刊)
出演/稲垣吾郎、新垣結衣、磯村勇斗、佐藤寛太、東野絢香、他
URL/bitters.co.jp/seiyoku/
ⓒ 2021 朝井リョウ/新潮社 ⓒ 2023「正欲」製作委員会

11/10(金)、TOHO シネマズ日比谷ほか全国ロードショー

二人のサイン入りポラロイドを1名様にプレゼント!

Photos: Ryo Kawanishi Styling: Komatsu Yoshiaki(nomadica)(Yui), Tom Kasai(Hayato) Hair & Makeup: ASUKA FUJIO(Yui), Tomokatsu Sato(Hayato) Interview & Text: Miho Matsuda Edit: Yukiko Shinto

Profile

新垣結衣Yui Aragaki 1988年6月11日、沖縄県生まれ。2007年に公開された主演映画『恋空』で、第31 回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。『ミックス。』では第 41 回日本アカデミー賞優秀主演女優賞、第 60 回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。近年の主な出演作は『劇場版コード・ブルー ードクターヘリ緊急救命ー』『GHOSTBOOK おばけずかん』など。テレビドラマでは、『コード・ブルー ードクターヘリ緊急救命ー』シリーズ、『リーガル・ハイ』シリーズ、『逃げるは恥だが役に立つ』『獣になれない私たち』、NHK 大河ドラマ『鎌倉殿の13人』、『風間公親-教場0-』など。ヤマシタトモコの同名漫画を実写映画『違国日記』で主演を務め、2024年に公開予定。
磯村勇斗Hayato Isomura 1992年9月11日、静岡県生まれ。テレビドラマ『仮面ライダーゴースト』のアラン/仮面ライダーネクロム役や、NHK 連続テレビ小説『ひよっこ』で脚光を浴びる。『ヤクザと家族 The Family』、劇場版『きのう何食べた?』で第 45 回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。主な出演映画は『東京リベンジャーズ』シリーズ、岸善幸監督作『前科者』、第75回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門正式出品の『PLAN 75』、映画初主演を務めた『ビリーバーズ』『最後まで行く』『波紋』『渇水』など。最新作は、映画『月』、テレビドラマで『きのう何食べた? season2』に出演。待機作として2024年に主演映画『若き見知らぬ者たち』がある。

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する