【Tシャツと私 vol.4】 小泉今日子インタビュー「仕事でも家でもTシャツ」 | Numero TOKYO
Interview / Post

【Tシャツと私 vol.4】 小泉今日子インタビュー「仕事でも家でもTシャツ」

Tシャツがスタイリングの主役になる季節がやって来た。さまざまな役柄でTシャツを着用してきた俳優たちが、この夏リアルに着たいTシャツスタイルを披露。第4回目は、昨年デビュー40周年を迎え、俳優や執筆活動に加え自身で立ち上げた会社で舞台・映像・音楽・出版など、ジャンルを問わずさまざまなエンターテイメント作品をプロデュースするなど、多方面で活躍し続ける小泉今日子。(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2023年7・8月合併号掲載)

Tシャツもボトムもオーバー サイズでよりちびっぽく

「MM6のメンズTシャツは今年買いました。サイズ感と胸元の穴あきデザインが気に入って、白と二色買い。二重になっているので着心地もいいです。Tシャツはサイズ感と着心地で選んでいるかな。スエットとデニムが組み合わさったボトムはジュンヤワタナベとリーバイスのコラボ。オーバーサイズのTシャツにダボっとしたオーバーサイズのボトムでちびを生かす感じが気楽で好きです」Tシャツ パンツ アクセサリー(すべて本人私物)
「MM6のメンズTシャツは今年買いました。サイズ感と胸元の穴あきデザインが気に入って、白と二色買い。二重になっているので着心地もいいです。Tシャツはサイズ感と着心地で選んでいるかな。スエットとデニムが組み合わさったボトムはジュンヤワタナベとリーバイスのコラボ。オーバーサイズのTシャツにダボっとしたオーバーサイズのボトムでちびを生かす感じが気楽で好きです」Tシャツ パンツ アクセサリー(すべて本人私物)

──Tシャツはワードローブの定番ですか。

「私が小さい頃は、みんな普段着としてあまりTシャツを着てなかった気がします。シャツとかブラウスとか着ていて。中学生ぐらいからかなTシャツ文化がやって来たのは。90年代はマルジェラの型押しプリントのTシャツがとても好きでした。自分がツアーTシャツを作るときにいろんなTシャツからパクッたり、香港とかの偽物ブランドTシャツをあえてキッチュに着たりしていましたね。最近大人になってからのほうがTシャツばかり着てます」

昨年のデビュー40周年記念でリリースしたツアーTやコラボTシャツ。王道的な感じでガツンとキョンキョン推しに。〈上段左・上段中左・下段右・下段中右〉31年ぶりの全国ホールツアー KKPP(Kyoko Koizumi Pop Party)Tシャツはすべて本人デザイン。さまざまなジャケット写真やアーティスト写真をプリント。デビュー前の写真から水着姿までプレミアもの。〈下段中右・下段右〉KKPPアンコールTシャツ“BACK STAGE”バージョン。40周年記念で〈下段中右・下段右〉かれこれ30年以上の付き合いになるスタイリストの馬場(圭介)ちゃんのブランド「GB by BABA」とコラボしたTシャツ。90年代に発売したカレンダーのアーカイブ写真(撮影:小暮徹)をベースにデザイン。
昨年のデビュー40周年記念でリリースしたツアーTやコラボTシャツ。王道的な感じでガツンとキョンキョン推しに。〈上段左・上段中左・下段右・下段中右〉31年ぶりの全国ホールツアー KKPP(Kyoko Koizumi Pop Party)Tシャツはすべて本人デザイン。さまざまなジャケット写真やアーティスト写真をプリント。デビュー前の写真から水着姿までプレミアもの。〈下段中右・下段右〉KKPPアンコールTシャツ“BACK STAGE”バージョン。40周年記念で〈下段中右・下段右〉かれこれ30年以上の付き合いになるスタイリストの馬場(圭介)ちゃんのブランド「GB by BABA」とコラボしたTシャツ。90年代に発売したカレンダーのアーカイブ写真(撮影:小暮徹)をベースにデザイン。

──Tシャツ率が上がったのは?

「楽に生きたいだけかも(笑)。 40代まではちゃんとオシャレしようとしていたけど。Tシャツを着るにも、スカートとヒールにパールのネックレスみたいなコーディネートをしていました。このところ仕事のときも自分でスタイリングすることが多くなって、ポッド キャスト番組用の写真撮影もTシャツと決めたりしています」

ツアーTに刺繍を施してくれた スペシャルな一枚

「このTシャツは昨年デビュー40周年を記念して開催したKKPP(Kyoko Koizumi Pop Party)のツアーTなんですけど、小日向しえちゃんが購入して、私も好きな下北沢にある メキシコ雑貨店nifu nifaの方と一緒に、40年頑張ったねと手刺繍を施して贈ってくれたんです。すっごく可愛くて、一生ものです」 Tシャツ MM6のセットアップアクセサリー(すべて本人私物)
「このTシャツは昨年デビュー40周年を記念して開催したKKPP(Kyoko Koizumi Pop Party)のツアーTなんですけど、小日向しえちゃんが購入して、私も好きな下北沢にある メキシコ雑貨店nifu nifaの方と一緒に、40年頑張ったねと手刺繍を施して贈ってくれたんです。すっごく可愛くて、一生ものです」 Tシャツ MM6のセットアップアクセサリー(すべて本人私物)

──買うときの決め手は?

「あまり買い物とか得意じゃなくて、面倒くさがって行かないタイプなので、機会があったらまとめて買ってやりくりしている感じです。サイズ感と生地感かな。ハイヒールとかほとんど履かなくなって、アクティブに仕事できるようにスニーカーとかになるから、Tシャツも自ずとメンズライクな感じに。生地もゴワゴワだと着ててイライラしちゃうし。森下璃子ちゃんのブランド『ドロシー ヘンドリックス』もよく着てます。家でくつろぐときはその辺の古着屋で買ったヘナヘナになっているTシャツです。エドツワキさんデザインで (自分の会社の)「明後日」Tシャツも作ったので、プロデューサー仕事のときは毎日それを着ています」

──お仕事で表に出るときも家でもTシャツなんですね。

「一応、一軍二軍三軍ありますよ(笑)」

Tシャツ特集をもっと読む

Photos:Takao Iwasawa Hair&Makeup:Shihomi Edit&Text : Michie Mito

Profile

小泉今日子Kyoko Koizumi (こいずみ・きょうこ) 1982年、歌手デビュー。「木枯しに抱かれて」「あなたに会えてよかった」「優しい雨」などの楽曲を発表。俳優として映画や舞台に多数出演し、執筆家としても活躍。2015年に株式会社明後日を立ち上げ、舞台・映像・音楽・出版など、ジャンルを問わずさまざまなエンターテイメント作品をプロデュース。2021年には上田ケンジと共に音楽ユニット、黒猫同盟を結成。音楽を通じて猫の保護活動を応援。2022年、デビュー40周年を迎えた。

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する