28
People Interview
謎のクリエイター、パントビスコとは何者?

シュールな面白イラストをInstagram上で発表し、「いいね!」数は1日平均4万!という謎多きクリエイター、パントビスコ(Pantovisvo)にインタビュー。

Photos:Yukiko Shinmura
Interview & Text:Masumi Sasaki, Yukiko Shinmura

Unknown_01

Numero.jpで配信中の2017年上半期の運勢では、ゆるかわな12星座キャラクターを描いてくれた、Instagramフォロワー数24万人!話題沸騰中の人気クリエイター、パントビスコ。そのInstagramで発表される作品のタッチは、ゆる〜いものから劇画調まで実にさまざま。しかもどれもクスッと笑ってしまうツボを突いてくる。一体パントビスコとは何者か?ということで、彼のキャリアのきっかけから知られざる少年時代、制作エピソードを、得意の分析力で自己分析してもらった。

GNJM5687
「ヘチタケ」シリーズより。ぺろち、ヘチマ、にんにん、タケノコのイラスト

始まりはジャポニカ学習帳

──独特なリズム感と表現を備えながらミステリアスな部分の多いパントビスコさん。どういった経緯でInstagramを始めたのでしょうか。

「初めて世の中に公開したのはFacebookです。それも非公開で、リアルな友達のみ200人くらいのうち、僕のセンスを分かってくれる数人、数十人に向けて。いいねしてくれるのは大体1割くらいでしたが、それが面白くて。その中で僕とは真逆の作風をもつ先輩から、Facebookだけやっているのはもったいない、もっと世の中に出したほうがいいよってアドバイスをいただいたことをきっかけに、当時流行り始めていたInstagramを始めてみました。2014年の秋からですが、じわじわと見てくれる人が増えました」

──Instagramを始めてから2年半ほどですか、大躍進ですね。たくさんのシリーズがあってかわいいキャラクターも多いですが、Facebookで配信していたときと何か変わったことはありますか?

「Facebookで配信していたときは『カオス絵日記』だけでした。Instagramを始めて、いいねが嬉しくてコメントのやりとりを見ていると、見てくれているひとがいる、支持されている、という実感が湧いたんです。Instagramのユーザーさんのことを調べたら65%が女性。シュールできつめなイラストよりも、女性に寄り添った共感を呼ぶもの、誰かに知らせたいもの、こういうのあるあるっていうコンテンツのほうがいいねが多いことに気づきました。

IMG_0032
「ヘチタケ」シリーズより。ぺろち、ヘチマ、にんにん、タケノコのイラスト

それまで人物ばっかり書いていたのですが、あるとき気まぐれでヘチマとタケノコっていう動物のキャラクターを書いてみたら女性にウケて。女性に迎合して、そっちに寄ってきたな、狙ったなって思われるのが嫌だったのではじめは1回しか書かないつもりでしたが、求められているものではあったのでシリーズ化しました。そうして気づいたらファンの方が増えていたんです。ヘチマとタケノコだけだと寂しいなと思ってぺろちとにんにんが去年初登場。グッズは夏のUFOキャッチャーに向けてまた4つくらい増えますし、買えるアイテムも作ります。他には、書籍化もされた『乙女に捧げるレクイエム』は、最初の名称は『謎のお告げ』でしたね」

20170419145703_00001
1日1ページずつ更新される、パントビスコ本人とカオスな”先生”とのやりとりを描いた「カオス絵日記」より

20170419150115_00001
「カオス絵日記」より(先生が情緒不安定になった日は校長が代筆)

pantovisco_04
「カオス絵日記」を綴ったジャポニカ学習帳

──始まりは『カオス絵日記』だったんですね。描き始めた日から毎日描いているんですか?

「2013年6月19日から、1日1個書いています。遅延しても2日分くらいはちゃんと書いていて、これはどんなにシリーズが増えてもやめる気はありません。内輪で起こったことがジャポニカ学習帳37冊分になっていますが、最初の400日か500日分は本当にFacebookでしか見られません。かなり僕のプライベートに寄っていて、身近な友達をネタにしているようなものも多いので、10年後くらいなら出せるかもしれません。
ほかのネタは以前に比べたら大衆的になっていますが、『カオス絵日記』では今後もずっと自分のしたいことを一番に表現していきたいです」

着想源は身近なところから

Profile

パントビスコ(Pantovisco) フォロワー数24万人を抱えるインスタグラム上に、毎日「カオス絵日記」などの作品を投稿している謎のクリエイター。2016年には著書『あるあるカオス劇場 人生1コマファンタジー』『乙女に捧げるレクイエム』を出版。現在は雑誌・WEBで6つの連載を抱えるほか、企業コラボやTV出演など、業種・媒体を問わず活動している。Instagram/@pantovisco

Recomended Post