17
People Interview

元モデルでフォトグラファーの奇妙な”ホームレス”生活

一流ブランドのランウェイに登場するなどモデルとして活躍し、華やかな生活を送っていたマーク・レイ(Mark Reay)。その後、彼が俳優、写真家の活動をしながらホームレスという生き方を選んだ理由とは?

Photos:Mark Reay
Interview &Text:Etsuko Soeda
Edit:Masumi Sasaki

interview#17_1

若かりし頃はモデルとして「ジャンニ ヴェルサーチ(Gianni Versace)」「ミッソーニ(Missoni)」などのランウェイを歩き、仏版「ヴォーグ(Vogue)」に登場したこともある。そんな華々しい生活を送っていたはずのマーク・レイ。その後俳優、写真家へと転身するも、過酷な現実が待っていた。ギリギリの生活費しか稼げなくなった彼が選択したのは、NYのアパートの屋上でのホームレス生活だった。約6年に及んだその危険で奇妙な生活を、3年かけて追ったドキュメンタリー映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』が公開。ユーモアあふれる彼ならではの珍回答!?の詰まったインタビューをお届けする。

現在の暮らしぶりは?

──映画公開後人生はどう変わりましたか? セレブ生活を満喫していらっしゃるのでは?

「それがね、そういう風になればうれしい話だけれども……。映画でも登場しているあのジムではもちろんセレブ扱いだよ(笑)。公開して変化したことといえば、アパートのカギを替えられてしまって、本当に入れなくなったことだね」

──映画公開がきっかけで本当に替えられてしまったのですか?

「自分の顔写真にバツ印がついたものが貼られていたんだ。というのは冗談だけれど(笑)、まぁこの作品がもたらしてくれた大きな報酬に比べれば、些細なこと。報酬というのは必ずしも経済的なことではなく、クリエイティブという意味での満足感は間違いなく得られたし、僕にとってはそれが本当に大切なんだよ。劇中でも語ったけれど、人生の中でたくさんの冒険を経験したけれども、達成できたことというのが本当に少なくて。この映画は自分の人生において達成できたことの一つなんだ」

──では現在はどのような生活を? ファッション・ウィークでの撮影も続けていらっしゃいますか?

「今はニューヨークにアパートを借りて住んでいるけれど、ファッション・ウィークの撮影はしていないんだ。これまで400くらいのファッションショーは撮影したし、経験は十分したから次に進もうと思ってね。もっとお金になる写真の仕事をやっているよ(笑)。役者のポートレートが主に多いね。それから役者としてももちろん活動していて、今もエージェンシーを探しているところなんだ。『Numéro TOKYO』はコレクションを取材しているの? 君たちからのオファーならぜひやるけれどね(笑)!」

自らの生活をネタに
映画監督に売り込み!?

Profile

Mark Reay(マーク・レイ) 1959年生まれ。ニュージャージー州出身。少年時代は五人家族の中で育った。サウスカロライナーのチャールストン大学で経営学部卒業。ニュージャージーにある輸入業者で働いた後、4年間モデルとしてヨーロッパで活動。1994年演技を学び役者として、また写真家としても働き始める。2000年再びモデルとして渡欧し活動、2007年からアメリカに戻り、ファッション・ウィークの期間中「デイズド・アンド・コンフューズド」の撮影を担当、その後ニューヨークでホームレス生活をしながらモデル、役者兼フォトグラファーとして働くようになる。www.markreay.net
クラウドファンディングによるマーク・レイ 日本就職活動支援実施中 motion-gallery.net/projects/hommeless

Recomended Post