11
People Interview

松本恵奈×藤原ヒロシ
「クラネ」でコラボレーションが実現

松本恵奈ディレクションによる、東京のリアルモードを追求する「クラネ(CLANE)」と、ファッションシーンに常にバズを起こし続ける藤原ヒロシが主宰する「フラグメントデザイン(Fragment Design)」がコラボレーションを発表。二人にインタビューした。

enamatsumoto × hiroshifujiwara
enamatsumoto × hiroshifujiwara

──実際、どのくらいの期間をかけて作り上げていったのですか?

M「結構時間はかかりました。何度もやり取りしましたね」

F「倉庫から昔の原型のジャケットを持ってきて、作りを検証したりして」

M「そのやり取りも私とヒロシさんは実際に会って行なっていました。ヒロシさんがやりたいと言っていたヴィンテージ加工は難しすぎて、何回も失敗しましたが、一番いいところに着地しました」

──この秋、コラボアイテムをどんなコーディネートで楽しんでもらいたいですか?

F「次にご飯行く時はお揃いで着ていくよね(笑)?」

M「そう、絶対2人で着たいなって(笑)。『クラネ』としては、女っぽく着たいので、花柄のワンピースとか、あえて女らしいものと合わせてもらいたいですね。シルエットも結構大きめなので、華奢なアイテムとのほうがバランスもいいですし」

F「僕はほぼ毎日同じ感じなんですけれど(笑)、シンプルにいつもの感じで着こなしたいですね。僕はいつも『ジョンスメドレー(John Smedley)』の長袖ニットなので」

enamatsumoto × hiroshifujiwara
enamatsumoto × hiroshifujiwara

enamatsumoto × hiroshifujiwara
enamatsumoto × hiroshifujiwara

──藤原さんから見て「クラネ」というブランドの魅力とは?

F「成長過程にあるっていうか、もともと『EMODA(エモダ)』でギャルブランドとしてすごく売れていた人がどのようにやっていくんだろうっていうところはすごく興味深いですよね。『クラネ オム(CLANE HOMME)』に関して僕がすごくいいなって思うのは、僕とは全然違う方向で勝負しているところ」

M「これまでずっとレディスばかりやってきてある程度レディスに関してはわかってきた。でもメンズファッションは本当に未知だったのでやってみたかったというのが一番大きいですね。逆にレディスより自由な発想ができる気がしています。自分が着るものとは違うからなのかもしれませんね」

enamatsumoto × hiroshifujiwara
enamatsumoto × hiroshifujiwara

──めまぐるしく変化する時代の中で、常に人を動かすファッションを提案できる秘訣とは?

F「僕は置かれた状況の中で何ができるかを考えているだけ」

M「ヒロシさんは本当に誰も思いつかないようなことをいつも考えていますよね!」

F「常に考え続けるっていうことは重要かなと思いますね」

M「もし総理大臣になったら、っていうところまで考えていると以前聞いたとき、本当にすごいなって。もしなったら、飛行機の便を、ビジネスマン向けと家族連れ向けで分ける、ってことを言っていましたよね」

F「そういうことも含めて、身近なところで自分に何ができるか考えるのって楽しいじゃない?」

──これから第一弾が発売というタイミングですが、もし第二弾のコラボをやるとしたら。どんなことに挑戦したいですか。

M「ゴアテックスの素材を使ったアイテムを作りたいなと、勝手に思っています」

F「あえて難しいところにいくね(笑)。時間もかかるし、条件もいろいろと大変だけど」

M「レディスのアイテムでゴアテックスを使っているものってほとんどないじゃないですか。だからあえて挑戦したいなと思うんですよね。あとは、ヒロシさんの長い歴史の中から懐かしいアイテムを落とし込んでみたりしたいなと」

enamatsumoto × hiroshifujiwara
enamatsumoto × hiroshifujiwara

F「まだいろいろやれることはありそうだね」

M「ぜひよろしくお願いします!」

松本恵奈ディレクションの「クラネ」
藤原ヒロシが提案するこだわりのMA-1とは?

Profile

松本恵奈(Ena Matsumoto) 「EMODA(エモダ)」のディレクションを経て、2015年2月にCLANE DESIGN株式会社(クラネデザイン)を設立。“オリジナル スタンダード”をコンセプトにしたブランド「CLANE(クラネ)」をリリース。CLANE DESIGN株式会社の代表取締役社長兼、CLANEクリエイティブディレクターとして活躍中。

Profile

藤原ヒロシ(Hiroshi Fujiwara) 1964年三重県伊勢市出身。80年代にイギリス・アメリカに渡りクラブカチャーを吸収し、帰国後はDJとして活動を始める。90年代には、小泉今日子、UAなどの音楽プロデュースのほか、ソロミュージシャンとしても作品を発表。NIKEやHEAD PORTERなど数多くのブランドにも参画し、「the POOL aoyama」を監修するなど、日本のストリートファッションを牽引する一人。

Photos:Ayako Masunaga
Text:Etsuko Soeda
Edit:Kefa Cheong

Recommended Post