06
Beauty Tips

愛もお金も引き寄せる“姫風水”教えます

美容&健康にフォーカスした風水占いで人気の愛新覚羅ゆうはんが提案する、子宮から自分の人生を好転させる「子宮風水」。女子力をアップさせる美容術や、幸せを呼び寄せる方法を伝授!(「ヌメロ・トウキョウ」2015年3月号掲載)

Q1. 30代に入ったばかりなのに、抜け毛が激しく…。薄毛によって自分に自信が持てません。

女性が15時以降も働くと、交感神経が働いて男性ホルモンが優位に。もちろん、それ以外の原因もありますが、働く女性が増えている現代において女性の抜け毛や薄毛が増えてくるのは当然のこと。そこでおすすめしたいのが“奇跡の因子”と呼ばれるフルボ酸です。発毛、育毛促進に効果的ですし、ミネラル分も豊富。実際に私もシャンプーに入れて使ってみて、これは細胞を活性化するための肥料だと感じました。

また、脱毛ホルモンが出る前頭部や女性ホルモンが出る頭頂部をマッサージする習慣をつけましょう。髪や頭皮には邪気が溜まりやすく、ストレスによるホルモンの乱れが如実に出てきます。両手の指で頭を包み込んで、こめかみからつむじに向けて全体を指でプッシュします。最後につむじ周りの毛を軽くつまんで5~10秒間、上に引っ張ってください。笑うことで活性化され、免疫を高める作用のあるNK(ナチュラルキラー)細胞の力を借りるのもいいでしょう。いつも笑顔でいることで免疫力もアップしますよ。

顔はもちろん、頭皮やボディにも使える万能ミスト。フルボ酸、高濃度炭酸、トレハロースといった話題の成分を配合しつつ、敏感肌にも使える優しい処方に。スパークリングミスト[150ml]¥3,200/Humic(ビューティーフリークス info@ones-cot.com)

飲み物に混ぜて取り入れられるお手軽なフルボ酸飲料。育毛や免疫力以外にも、あらゆる効果が期待できるマルチな働き。シャンプーに混ぜれば頭皮ケアにも。No.0インナードリーム[30ml]¥4,800/Saly(アルテ ディヴィーノ 03-3588-7890)

Q2. ストレスを溜め込んでいるせいかなかなか眠れません。

女性はもともと“水神様”とも呼ばれる龍神との関わりが強いもの。そこで、寝る前に清らかな水の音を聞きながら眠りに就いてみてください。基本的には無音が最も安らぐはずなのですが、眠りの導入にはいいと思います。また、チベット僧が儀式などに用いるシンギングボウルや鐘の音も、子宮を休ませる効果があります。シンギングボウルは瞑想やヒーリングに用いられるので、リラックス効果は絶大です。

Q3. 女性がキレイになれる日常の風水を教えて!

メイクを洗面所で行う方もいると思いますが、姫風水的にはおすすめできません。スキンケアだけならOKですが、メイクを洗面所で行うと風水的には色気がなくなるとされているのでふさわしくないのです。メイクをするなら、日当たりのいい部屋のドレッサーや、美容の気を高めてくれる南向きがベスト。部屋の南側に白やピンクのインテリア雑貨を飾れば美容運がアップします。メイクの仕上げに、南の方角に置いたオーバルの鏡に顔を映し、自分の笑顔や表情を褒めてあげてください。悪い気が溜まりやすい駅のトイレなどでのメイク直しは避けましょう。

子宮の入り口である、家の玄関は常に美しく

姫風水では、家の入り口の玄関は子宮の入り口と考えています。外と内側の世界をつなぐ場所なので、家の中でも常に美しく保っておきたいスペースです。明るくて風通しが良く、余計なものが置かれていないことが運のいい玄関の必須条件。運気の通り道なので、すっきり片付けられていれば家の中に良い気がたくさん入ってきます。清潔な玄関マットやオーバル型の鏡、生花を玄関の正面に置けば、邪気はシャットアウトされて入ってくることができません。人形や顔写真はせっかくの運気を吸い取ってしまうのでNG。傘はきちんと乾燥させてから、傘立てに入れましょう。

女子力アップの姫風水ビューティ

愛新覚羅ゆうはん流のスキンケア

現代女性は肌にもストレスがかかるので、基本的にとてもシンプルに。化粧水を手のひらで常温に温めて肌に押し込むようにのせる、これを2~3回繰り返すだけでOK。乳液やクリームは使いません。もともとスキンケアが好きでいろいろ試したのですが、私の場合はこの方法は自分に合うということに気づきました。一般的には最後に乳液やクリームで閉じ込めますし、年齢的にそれだけでは足りないという方は取り入れても構いません。肌質に合わせるということ、何よりもストレスをかけないことが一番大事。ただし、決してこすらないように気をつけてください。

ホルモンやバイオリズムによって香りが変わる、体調のバロメーターのようなオーガニックブレンドオイル。ふわりと香る柑橘系がストレスを軽減させ、つけた瞬間にリラックス。100%天然由来原料を使用しているので、安心して使うことができる。バロメーターオイル[30ml]¥6,000/Sautedi(ナチュロパシー・ジャポン 03-6721-7113)

ゆうはん先生が奇跡のスキンメディテーションと呼ぶ、ストレス社会で戦う男女のためのユニセックス化粧水。ブースター、化粧水、美容液、乳液の機能を一本に凝縮し、透明感あふれる神秘的な肌に導いてくれる。ベタつきのないとろけるような感触も◎。タイムマネージメントエッセンス[100ml]¥5,500/Oltana(オルタナジャパン 03-6303-3836)

吹き出物は子宮のトラブル

ニキビや吹き出物は、女性ホルモンの働きが大きく関係しています。子宮や卵巣の状態を映す鏡のようなものだから、体からのSOSの可能性もあるので、注意が必要です。子宮や卵巣に疾患が生じたとき、ホルモンバランスの崩れから、初期症状として肌に現れることも。特に、正中線(顔中央の縦線の延長)やあご周りにできた吹き出物は、子宮や卵巣の影響が大きいので要注意。ですから「いつものこと」と無頓着にならずに、あご周りの吹き出物がなかなか治らず膿んでしまう場合は、婦人科系疾患の可能性も疑って。普段から子宮を休めてあげることが大切です。

頭皮マッサージの重要性

ほうれい線やシワが気になったら顔自体をマッサージするのではなく、頭皮をマッサージ。髪の毛や頭皮には邪気が溜まりやすく、ストレスやホルモンバランスの乱れが表れやすい場所。ほうき型のヘッドスパグッズで頭皮をかき上げるようにマッサージすると、邪気が払われるだけでなく、顔のたるみもきゅっと引き締まります。実際、私も実践していますが、明らかにリフトアップしました。また、ときどき炭酸水で毛穴を洗浄するのも効果的です。スカルプケアは血行の促進を促して、男女ともに気になる薄毛や抜け毛を防止してくれます。

月の力を利用したデトックス。女神水の作り方

小さなことをくよくよ考えてしまって頭のモヤモヤが晴れないときは、月の力を借りてリフレッシュ。満月の夜に、清潔なスプレー用容器に精製水を200ml入れて、レモングラス、ゼラニウム、ティーツリーのアロマオイルをそれぞれ1滴ずつ垂らします。さらに「すべてはうまくいく」と心の中で唱えながら混ぜれば、“女神水”のできあがりです。この女神水を、ストレスを感じたときに頭、首、手首、足首、下腹部に吹きかけて浄化しましょう。“首”と名がつくところや、頭、子宮は疲れが溜まりやすい上に抜けにくい場所なので、普段から意識してください。さらに、寝具やスリッパ、カーテンなどに吹きかけると、家のお清めとしても活用することができます。

菌活とは金活

金運と健康には深い関わりがあります。人の体には誰もが持っている常在菌という菌があり、体重の約2%が菌だといわれています。良質な菌は健康への近道。体液と菌のバランスが崩れると、免疫とも連動してさまざまな問題が発生することに。スピリチュアルの世界では「菌=金」と考えられているので、発酵食品は金運アップのパワーフード。美容面では、酵素を取り入れるといいでしょう。こちらで紹介している酵素はとてもエネルギーが強く、コーヒーやお茶に垂らして飲むと、体の芯から熱くなってくるのを実感できます。少し独特な匂いがしますが、福を蓄える土台と考えて毎日続けてみて。

農薬不使用の国産大麦若葉の青汁に、コラーゲンやヒアルロン酸、腸内環境を整えて代謝を助けるイヌリン、イソフラボンを多く含むレッドクローバーをプラス。熱に弱い酵素やビタミンを壊さないよう、生のまま熱を加えず粉末にする製法を採用。外食が多い人や偏食がちな人に。リ・グリーン[3g×30スティック×3箱]¥10,500/シャイン 06-6363-2611

原液100%の乳酸菌マイクロ熟成エキス。酵素を壊さない50°C以下の長期発酵熟成で作られている。微生物の発酵活動の妨げにならないよう、添加物は一切不使用。腸の環境を整えることで、代謝アップにも期待。医療機関や医師が愛用していることでも知られる。天彌エキス原液[50cc]¥12,000/東京ビジネスネットワーク 03-5704-1456

婚活&妊活を叶える女子力アップの開運術!子宮風水とは?

Profile

愛新覚羅ゆうはん(Yuhan Aishinkakura) 占い師、デザイナー、女神学エヴァンジェリスト。中国・黒龍江省ハルビン市生まれ。映画『ラストエンペラー』で知られる清朝の皇帝・愛新覚羅一族の流れをくむ。5歳のときに来日し、桑沢デザイン研究所を卒業。幼少期から備わっていた透視能力に加え、タロットや占星術を生かし「ジョカ」の別名で占い師デビュー。産婦人科医の祖父の影響を受け、美容&健康にフォーカスしたきめ細やかな風水指南で幅広い層に支持されている。鑑定のほかに講演、セミナーなどでも活躍中。著書に『恋とお金を引き寄せる姫風水』(扶桑社刊)。http://aishinkakura-yuhan.com

Supervision: Yuhan Aishinkakura Illustration: EmmaMori CutoutPhotos: YujiNamba Text: AyaFujiwara Edit&Text: HisakoYamazaki

Recomended Post