024
Beauty Editor's Post

今月は渡辺麻友ビューティです。

昨日発売したNumero TOKYO 6月号に、渡辺麻友さん(元AKB48)を特集しております。 現在24歳のまゆゆ。自身の人生の半分以上を「アイドル」として生きて、頂点を極め決断した卒業。 卒業から3カ月後に見せてくれた、まゆゆの新しい顔に惹かれてしまいます。

初めて挑んだ大人っぽいモードな撮影に、はじめは戸惑いながら、
ちょっとセンシュアルな服を身にまとったら、その世界観へと自身を表現する姿を見て、
「さすが女優!」と感激しました。
カメラの前で笑おうとしない渡辺さんが、私にはそれが挑戦のように見えて素敵でした。

ロングインタビューでは、AKB48が好きすぎて「絶対入りたい!」と思って受けたオーディション話から、
寿命が5年削られるほど苦しかった総選挙の話、
卒業を決意した心のうちを、じっくりと語ってくださっています。

彼女から語られる言葉はすべて、まっすぐ。
言葉が凛として清らかなんです。だから「優等生アイドルですね」と話したら、
「私はアイドルをやっていた感覚はなく、人としてまっとうにやってきたという感じで、
それがたまたまアイドルという環境でした」と。

斜めの視点から決して見ずに、どんなときもまっすぐに立ち向かう姿勢を持つ彼女。
経験を積んだ大人から見たら、器用な女性とは言えないけれど、
その不器用でまっすぐな生き方が、なによりも彼女の魅力だと深く感じました。

一人でも多くの方に、まゆゆの魅力を届けたい!
ぜひ、ご覧いただければ嬉しいです。

 

Profile

山崎尚子(Hisako Yamazaki)ビューティ・ディレクター、エディター。『婦人画報』『VOGUE JAPAN』を経てロンドンへ留学し、グラフィックデザインと写真を学ぶ。『Numero TOKYO』創刊メンバーとして参加。本誌では女優やモデルのビューティストーリーなど美容全般を手がけるほか、話題のスーパーキッズLaraの書籍やムーン・リーの占いも担当。ファッションを切り口にした企画が得意。企業マーケティング、ビューティアドバイザーとしても活動。ショッピングと旅は趣味を超えたライフワーク☆

Recomended Post