ルーズなのにキレイめ!「YANUK」の春デニム|私たちのモノ語り #048 | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

ルーズなのにキレイめ!「YANUK」の春デニム|私たちのモノ語り #048

フライング気味な春の訪れとともに、慌ててワードローブのアップデートを! と思っている人も多いはず。気温も不安的な狭間の時期にはデニムが必須。ただ今はカラーもシルエットも豊富に揃うので、かえって何を選べばいいのか……と迷ってしまいますよね。そこで大人が履きやすい上品系が充実しているデニムブランドから、推しの一本をご紹介したいと思います。

おしゃれキャリアのある人なら、デニムブランド「YANUK(ヤヌーク)」の名前は聞いたことががあると思います。L.A.で2003年に誕生、プレミアムデニムブームを牽引し、今年は20周年のアニバーサリーイヤーとのこと。スタート当初からシルエットの美しさとリラックス感には定評がありましたが、現在はより日本人に合わせ、進化しているそうです。

ヤヌークのリラックス感のその秘密は素材にも。すべてのモデルにストレッチが入っているので、
とってもはき心地がいいんです! でもストレッチデニムにありがちなケミカルな素材感ではなく、コットン100%のような自然な風合い。しかも最新技術で長年履き込んだようなヴィンテージ感を再現しているそうです。デニムづくりで気になる環境への負荷は、新導入のナノミストを発生させるテクノロジーによって、水、薬剤の使用を大幅に削減しています。


西海岸を感じさせる表参道のフラッグシップショップでは、ベーシックなデニムをスキニーからワイドまで7型のシルエットで展開。ノンウオッシュ、クラッシュ、ホワイトなど色落ちや加工具合も多彩にラインナップしています。

このところトレンド的にはワイドでイージーなデニムやクラッシュ系が注目されていますが、大人がキレイめに履けるのがヤヌークのルーズストレートな新モデルJOAN(ジョーン)です。

JOANは2色展開
JOANは2色展開

大人デニム=パンツ感覚で履けるノンウォッシュが鉄板ですが、私はこういうフレッシュでライトなブルーを探していました。柔らかい肌触りも春らしくておすすめです。メンズっぽく股ぐりは長めでポケットも大きめ。ジャストウエストでヒップからの落ち感が量感がありながらすっきり見せてくれるのも、大人には嬉しいポイントです。人気モデルなので早めにチェックして!


Yanuk

https://www.yanuk.jp

連載「私たちのモノ語り」をもっと読む

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi コントリビューティング・シニア・ファッション・エディター。『Harper's BAZAAR』『ELLE Japon』などのモード誌から女性誌、富裕層向け雑誌まで幅広い媒体での編集経験を持つ。『NumeroTOKYO』には2017年秋よりファッション・エディトリアル・ディレクターとして参加した後、2020年4月からフリーランスとしての個人発信を強め、本誌ではファッションを読み解く連載「読むモード」を寄稿。広告のファッションヴィジュアルのディレクションも行う。著書に『この服でもう一度輝く』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する。
Instagram: @hiroko_giovanna_koizumi

Magazine

APRIL 2024 N°175

2024.2.28 発売

Mother Nature

花鳥風月

オンライン書店で購入する