Fashion / Editor's Post

「YOHEI OHNO」の新たな試み“3711 Project”で、着物の美しさを改めて!


今、改めて身近なことを見直そうとする人が増えてきています。日本の伝統文化もその一つ。陶芸の器など日常に使うものなので徐々に浸透してきていますが、特別な機会に纏うイメージが強く、ルールも気になる着物は、美しさは理解していても現代の生活とは少し距離があるのも事実。「YOHEI OHNO(ヨウヘイ オオノ)」デザイナー、大野陽平さんがスタートした新プロジェクト“3711 Project”は、着物と私たちの距離感を近くしてくれる、とても素敵な試みなのでご紹介します!

Numero.jpの好評連載、デザイナー訪問記でも、自身のクリエーションをたっぷりと語ってくれた大野陽平さん。そのなかでも「服作りの出発点は素材」と語っているように、知識というよりも、感覚的に素材に向き合っているとのこと。

そんな大野さんの感性に響いたのが、アンティークのマーケットなどで出合ったデッドストックの着物の反物。その美しさや技術に魅了され、「日本文化の着物という貴重な素材を活かしたい」と考え、多くの反物のサイズ37cm×11cmから“3711 Project”と名付けたのだとか。



私もぜひ現物を手に取ってみたい!と、現在開催中のポップアップストアにお邪魔しました。並べられている服は、まず最初に素材の色合いやニュアンスに引きつけられますが、どれもいい意味で着物の反物で作られているとは思えないモダンな仕上がり。簡単ではないこのバランスが保たれているのは、グラフィカルな柄でポジティブかつ繊細さがある色合いの絣をチョイスした大野さんの美意識のなせる技。デザインはヨウヘイ オオノのアーカイブ3型で、どれも一点ものだそうです。

“3711 Project”ポップアップストアは、2月28日(日)まで、東京・表参道のスパイラル1F(港区南青山5-6-23)で行われています。日本の伝統文化を継承する、このプロジェクトの動向を今後もチェックしていきたいと思います!

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi ファッション エディトリアル・ディレクター。モード誌から女性誌、ティーン誌まで幅広い雑誌での編集経験を持つ。2017年秋より『Numero TOKYO』に参加し、ファッション・エディトリアル・ディレクターも務める。モードをリアルに落とし込むことを得意とし、著書に『スタイルのある女は、脱・無難! 87 Fashion Tips』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する楽観主義者。趣味はサッカー観戦。

Recommended Post

Magazine

150_H1_650_ec

OCTOBER 2021 N°150

2021.8.27発売

Logo À Gogo

やっぱりロゴが好き

オンライン書店で購入する