Fashion / Editor's Post

「JIL SANDER」を捉えた親密な写真に癒される

ブランドが発信するヴィジュアルには、それぞれのデザイナーの本質が映し出されるもの。ルーシー&ルーク・メイヤーによる「JIL SANDER」2020AWキャンペーンイメージは思いがけない状況に置かれている今、心に響くつながりが感じられます。

元々個人的に好きなブランドなのですが、ルーシー&ルーク・メイヤーが「JIL SANDER」を手がけるようになって、以前は人を寄せ付けない、緊張感のある“ミニマム”として捉えられてきたジル サンダー像が変化したように感じました。作り手の完璧を提示するのではなく、着る人に寄り添っていることを大切にし、本質を際立たせたシンプルでエモーショナルな表現で、どこか温かみが生まれたからかもしれません。


ロックダウン中に撮影された2020AWのキャンペーンヴィジュアルは、そのことを端的に伝えています。親交の深いマリオ・ソレンティ、アンダース・エドストローム、オリヴィエ・ケルヴェルヌ、スティーブン・キッド、クリス・ローズ、リナ・シェイニウスという6名の写真家によって、モデルではなく家族や友人、ペットを被写体に撮影されました。

今なお私たちを悩ませるコロナによって、奇しくも気づかされた人間らしさ、優しさ、信頼、リスペクトの大切さ……そんな人として当たり前に持つべきものをジル サンダー を通して伝えてくれています。これはルーシー&ルーク・メイヤーが手掛ける初めてのコラボレーションプロジェクトの一環で、後に書籍として出版される予定だそう。先ほど出版され話題となったルーシー&ルーク・メイヤーのキュレーションによる「A Magazine」同様、要チェックです。

Profile

古泉洋子Hiroko Koizumi ファッション エディトリアル・ディレクター。モード誌から女性誌、ティーン誌まで幅広い雑誌での編集経験を持つ。2017年秋より『Numero TOKYO』に参加し、ファッション・エディトリアル・ディレクターも務める。モードをリアルに落とし込むことを得意とし、著書に『スタイルのある女は、脱・無難! 87 Fashion Tips』(講談社)など。イタリアと育った街、金沢をこよなく愛する楽観主義者。趣味はサッカー観戦。

Recommended Post

Magazine

#144_h1ec

March 2021 N°144

2021.1.28発売

Mother Nature

愛すべき自然とともに

オンライン書店で購入する