Culture / Lifestyle

花のある暮らし vol.1 壱岐 ゆかり「草花に触れることがエネルギーに」

明治神宮前駅からすぐの路地裏に位置するショップ。古民家を改装した店構えが魅力。
明治神宮前駅からすぐの路地裏に位置するショップ。古民家を改装した店構えが魅力。

毎日、花々やグリーンに囲まれて仕事をしている人たち。いきいきとした彼らの幸せの源やハッピーを感じる瞬間は、一体どんなときなのだろう。自然の恵みとパワーに満ちたライフスタイルを語ってくれた。明治神宮前のフラワーショップ「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」主宰の壱岐 ゆかりを訪ねて。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年11月号掲載)

「花が売り切れる度に陳列しなおします。朝と昼でまったく違う表情のショップになるんですよ」
「花が売り切れる度に陳列しなおします。朝と昼でまったく違う表情のショップになるんですよ」

季節と時間の流れを感じる店内で
草花が放つパワーで生かされる

フラワーショップを開いたのは、プレス業務で多忙を極める中、自分で何か始めたいと思ったことがきっかけ。

色とりどりの花とともに絵やオブジェが飾られている。
色とりどりの花とともに絵やオブジェが飾られている。

「日常的に花が近くにあると、エネルギーが湧いてくるんです。花や水に触っているとハイになるよね、とスタッフと話しています。よく眠れるようになり体調も改善したと思います」

幸せを感じるのは仕入れを終えて、お店をオープンする瞬間。「並ぶ花によって店内ががらりと変わるのが面白くて。模様替えも大好きだから、毎日のようにレイアウトを変更。一つの花が売り切れて店を再構築する。そのライブ感がたまらないんです」

飼い犬のハチと過ごす癒やしのとき。噛まれないようにリビングの植物は最小限にしているそう。
飼い犬のハチと過ごす癒やしのとき。噛まれないようにリビングの植物は最小限にしているそう。

プライベートでも、花の存在は常に感じているという。しかし、自分のために花を飾るのではなく、触れて季節を感じたり、子どもが摘んできたものを生けたり、あくまでコミュニケーションのツールとして。手を掛けすぎず、ありのままの姿で置くという。

食器棚には、花器がずらり。彼女らしいスタイリッシュなセレクト。
食器棚には、花器がずらり。彼女らしいスタイリッシュなセレクト。

真紅の小花をインテリアのアクセントに。
真紅の小花をインテリアのアクセントに。

Photos : Harumi Obama Text : Aika Kawada Edit : Yuko Aoki

Profile

壱岐 ゆかりYukari Iki 「THE LITTLE SHOP OF FLOWERS」主宰。インテリアショップのプレスなどを経て、原宿・明治神宮前の古民家の庭に本店を構える。花をプロダクトとして捉えたアレンジを独特のスタイルで展開。www.thelittleshopofflowers.jp/

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する