838
Fashion Editor's Post

監督はウェス・アンダーソン! ハートウォーミングなH&Mのクリスマスムービー

 

いつもの街の姿もイルミネーションで彩られ、日常生活をしていても、なんだかそわそわ、ワクワクし、気分が盛り上がるホリデーシーズン。毎年この時期に各ブランドが発表する、ホリデーコレクションの限定ムービーをチェックするのが楽しみのひとつです。

さて、今年のMY BESTに早くも決定したのが「H&M」のこちら。
Come together ー共に過ごそうー
H&M_wesanderson2

この構図と俳優<エイドリアン・ブロディ>を見て、監督が分かった方はかなりのファンですね。
そう、今回のムービーの監督を務めたのはウェス・アンダーソンなのです。

映画『ダージリン急行』を彷彿とさせる“列車”を舞台に、クリスマス当日に悪天候で大遅延した列車での、乗客たちの触れ合いを描いたショートムービー。

ウェスの“神の目”アングルとおなじみのカメラワークで切り撮られた物語のなかには、ワケアリそうなキャラクターや、シュールで不思議な出来事(列車外からの荷物の受け渡し)など、ウェス作品らしいシーンが度々登場。ファンには堪らない3分50秒のムービーになっています。

チェックする際には、是非とも「動画の詳細」をクリックして観てみてください。
シーンに関連した別の視点から撮られた動画などが表れ、楽しみが倍増します!
H&M_wesanderson3

もちろん、登場する乗客たちが着ているのは実際に販売されているH&Mのホリデーコレクション。
ウィメンズ、メンズ、キッズで展開するこのコレクションは、本日11月28日よりH&Mのお店とオンラインストアで販売中とのこと。

このショートムービーを観て、次回作の公開がさらに待ち遠しくなってしまったので、
この冬は、Numero TOKYOでのウェス・アンダーソン大特集号を読み直してから、Netflixでウェス作品を観て、彼の世界観にどっぷりとつかりたいと思っています。

ウェス・アンダーソン大特集号はこちら!

Numero90

Profile

大井文香(Fumika Oi)ジュニア・エディター。大学在学時より出版社にて編集アシスタントを経験。2012年より『Numero TOKYO』に参加。ファッションやカルチャーの特集や、新商品紹介ページを手がける。幅広くアンテナを張り日々勉強中!! 蜷川実花が撮影する「裸のオトコ」、「クリエイターのペット写真館」などの連載企画も担当。ここ数年プライベートでハマっていることは、コンパクトフィルムカメラでの撮影。今年の夏は、SUP(スタンドアップバドルボード)に挑戦する予定! 愛犬家♡

Recomended Post