Food / Feature

食文化と伝統を味わう東京レストラン

食通のゲストセレクターを迎え、いま注目の“食の世界”をおすすめのレストランとともに紹介するフード連載。Vol.8は、茶道とスポーツの融合をテーマに幅広く活躍する小堀宗翔が、食文化と伝統を味わえる東京のお店をピックアップ。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年5月号掲載

旬のフキを流した「ホウボウの葛打ちのお椀」。楓が描かれた器も粋。
旬のフキを流した「ホウボウの葛打ちのお椀」。楓が描かれた器も粋。

心と体をつくる“食”

生まれて初めての食との出合いは、父が離乳食に混ぜたお抹茶。お抹茶が大好きになるようにと願いを込めてほんの少し混ぜていたそう。茶道を通して四季の行事を行い、四季の味を覚えて育ちました。

「懐石 小室」では美しい器と、おいしさの中にある苦味・渋味など、本物の味を感じられます。風情ある神楽坂の水を打った石畳。お店に入ると五感が刺激されます。

日本料理をいただくときは必ず器を手に取り、掌(たなごころ)で感じる温かさ、冷たさ、重み、肌触りをも「味」と感じなさいと教わりました。小室に足を運べば、自分の掌で日本の味・心が味わえます。

「HIGASHIYA GINZA」では立礼(りゅうれい)ではお茶を食す会席「茶食会(さじきえ)」を楽しめます。「Tokyo Sushi Roll IYAMA」はカジュアルに楽しむSUSHI ROLL。味・見た目も可愛いらしくお土産にぴったり。

茶人&アスリートとして、心と体をつくる食を多方面から楽しんでいます。

コースは昼¥8,000〜、夜¥12,000〜。鯛をかたどった春色の愛らしい茶菓子で締めくくる。中には滑らかな舌触りのこしあんと、一枚の桜の花。粋な計らいに心躍らずにいられない。丁寧に点てられた香り豊かな抹茶とともに堪能。
コースは昼¥8,000〜、夜¥12,000〜。鯛をかたどった春色の愛らしい茶菓子で締めくくる。中には滑らかな舌触りのこしあんと、一枚の桜の花。粋な計らいに心躍らずにいられない。丁寧に点てられた香り豊かな抹茶とともに堪能。

懐石 小室

神楽坂の小路にある「懐石 小室」。ミシュランの星を獲得した日本料理店で、店主は茶道の流派である遠州流の家元付き料理人の経験もある小室光博さん。「季節とともに食材に古くから恵まれてきた日本。その味わいを最大限引き出すことが私の務めです」。山・海・里、それぞれの食材の産地に小室さん自ら足を運び、その地で浮かんだインスピレーションを料理に落とし込むことが多い。茶道のセンスを感じる器選びも小堀さんのレコメンド点。料理と器、心配りの届いたおもてなしから、伝統美を感じて。

坪庭を望める空間は京都在住の建築家・木島徹さんが設計。カウンター席のほか、2Fには個室が3つ。予約してから訪ねるのが安心。
坪庭を望める空間は京都在住の建築家・木島徹さんが設計。カウンター席のほか、2Fには個室が3つ。予約してから訪ねるのが安心。

住所/東京都新宿区若宮町35-4
営業時間/12:00~13:00、18:00~20:00(いずれもL.O.)
定休日/日・祝
TEL/03-3235-3332
URL/www.kaiseki-komuro.com

和のアフタヌーンティー「茶間食(さまじき)」(¥4,500 、13〜18時限定)。
和のアフタヌーンティー「茶間食(さまじき)」(¥4,500 、13〜18時限定)。

HIGASHIYA GINZA

和菓子をもっと身近に。そんな思いを“日果子屋(日々の菓子屋)”の店名に馳せるHIGASHIYA。日本のティーサロンがテーマの茶房で、お茶を中心とした和のメニューを心ゆくまで堪能できる。2種類のお茶とともに、さまざまな和菓子や軽食を味わえる「茶間食(さまじき)」がおすすめ。“茶を食す”会席コース「茶食会(さじきえ)」(¥10,000)で茶文化を慈しむもよし。

“陰陽五行”がテーマの自然素材を用いた空間は、オーナーでありクリエイティブデザイナーとして著名な緒方慎一郎さんが手がけた。
“陰陽五行”がテーマの自然素材を用いた空間は、オーナーでありクリエイティブデザイナーとして著名な緒方慎一郎さんが手がけた。

住所/東京都中央区銀座1-7-7 ポーラ銀座ビル2F
営業時間/11:00〜18:00(L.O.)、売店 11:00〜19:00
定休日/無休
TEL/03-3538-3240(茶房)
URL/www.higashiya.com/ginza/

手前から自家製ドライトマト(¥170)、特製玉子焼きロール( 明太子入り。¥320)、冷製スモークサーモン&アボカド(¥ 320)、とびっ子(¥220)。ガリの代わりにドライレモンを。
手前から自家製ドライトマト(¥170)、特製玉子焼きロール( 明太子入り。¥320)、冷製スモークサーモン&アボカド(¥ 320)、とびっ子(¥220)。ガリの代わりにドライレモンを。

Tokyo Sushi Roll IYAMA

お寿司をカジュアルに味わいたいときは「Tokyo Sushi Roll IYAMA」へ。板前が腕をふるう寿司は、伝統的な江戸前の握りからアイデアに富んだ手巻きまで幅広い。低温で燻した香ばしくもとろける甘さの“スモークサーモン”やワインと一緒につまみたい“ドライトマト”など斬新なネタも楽しい。一人で立ち寄るのはもちろん、ゲストを連れていくと喜ばれるそう。

おひとりさまでも入りやすい雰囲気。
おひとりさまでも入りやすい雰囲気。

住所/東京都新宿区新宿3-19-2
営業時間/12:00〜22:00
定休日/月
TEL/03-6273-0091
URL/www.tokyosushiroll.com

Photo:Yufuko Uehara(懐石 小室), Koji Yamada Text:Nao Kadokami Edit:Yuuka Shiomi

Profile

小堀宗翔Sosho Kobori 遠州茶道宗家(えんしゅうさどうそうけ)13世家元小堀宗実氏の次女。学習院大学卒業後、内弟子として茶の湯の道に進む。元ラクロス日本代表。現在は社会人クラブチームに所属し、現役選手として活躍。自身の経験を活かし茶道とスポーツの融合をテーマに幅広く活動中。

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する