Food / Feature

No Food No Life! 今宵は渋谷で一杯いかが?

食通のゲストセレクターを迎え、いま注目の“食の世界”をおすすめのレストランとともに紹介するフード連載。Vol.6は、屋台、B級から星付きレストランまでの食を極める本田直之が、渋谷では貴重な大人のためのお店をピックアップ。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年3月号掲載

もっちりした食感がたまらない手打ちパスタは、夜遅めの時間帯でもペロリと食べられてしまう。ソースや具材は季節に応じて随時変更。この日いただいたのは「小野川温泉もやしとカラスミのペペロンチーノ」(¥1,650)。
もっちりした食感がたまらない手打ちパスタは、夜遅めの時間帯でもペロリと食べられてしまう。ソースや具材は季節に応じて随時変更。この日いただいたのは「小野川温泉もやしとカラスミのペペロンチーノ」(¥1,650)。

食、生きる楽しみ

食は、人生の楽しみの中で最も大事なもの。一年の半分をハワイで暮らしていますし、他の国もいろいろと訪れましたが、思えば旅の目的も食がメイン。フードシーンについて海外と日本を比べると、何より規模が違う。

近年、日本はお店の人とコミュニケーションを取りやすいカウンター中心のお店が増えています。毎晩僕は外食していますが、足を運ぶのはそういうお店ばかりです。あと、深夜でもちゃんとおいしい料理を出してもらえるのも重要。せっかくの食事、やっぱり作り手の気持ちが込められたものを食べたいから。

今回選んだ3軒は、渋谷では貴重な大人のためのお店です。アクセスも便利な「Konel」はリラックスして食事ができる。割烹料理をつまみにナチュールワインを楽しめる「酒井商会」もいい。「ももまる」は別世界(笑)。

ほかにも夜遅くでもウマいものを食べられるお店はいろいろあって、沖縄料理の気分なら「琉球チャイニーズ TAMA」。渋谷以外なら、最高のジンギスカンを食べられる「羊SUNRISE」(麻布十番)、六本木界隈の料理人が集まる中華「52」(六本木)。これらの6軒、どこも行く価値ありますよ!

肌寒い夜はほっこり温まる「イタリアンおでん」。具は燻製モッツァレラと玉ねぎを詰めた巾着、西洋ネギをベーコンで巻いたポアロー、半熟卵など8種類(1個¥300〜500)。ジェノベーゼや生七味など4種の薬味につけていただく。
肌寒い夜はほっこり温まる「イタリアンおでん」。具は燻製モッツァレラと玉ねぎを詰めた巾着、西洋ネギをベーコンで巻いたポアロー、半熟卵など8種類(1個¥300〜500)。ジェノベーゼや生七味など4種の薬味につけていただく。

Konel(コネル)

毎日店内で一から仕込む、北海道十勝産小麦粉を使った“捏ねる”料理が名物の「コネル」。ドアを開くと小麦の優しい香りが漂う。ボローニャ地方の名店や都内屈指のイタリアンで修業を重ねた菊池隆樹シェフが腕をふるうメニューは、パスタやパンなどの伝統料理から、コンソメ仕立ての洋風出汁で炊いたおでん、ラビオリ風の水餃子などが揃い、多彩。「スターターのイチジクバターを添えた自家製パンも美味!」と本田さんも絶賛。フルコースを堪能するもよし、アラカルトでちょこっともよし。文字どおり気さくなイタリアン。

「デートに誘って喜ばれそうなお店」が裏テーマだとちゃめっ気たっぷりに話す神作知子マネージャー。ただ現状は、女性同士やお一人さまの利用が多いとか。
「デートに誘って喜ばれそうなお店」が裏テーマだとちゃめっ気たっぷりに話す神作知子マネージャー。ただ現状は、女性同士やお一人さまの利用が多いとか。

住所/東京都渋谷区神南1-9-5 2F
予約/FB公式ページから予約を。
営業時間/18:30~翌3:00(翌1:00 L.O.)
定休日/月・日
URL/www.facebook.com/konelshibuya/

酒を吹きかけて焼きあげた穴子と昆布の佃煮、わさびクリームチーズ、海苔を薄切りトーストで挟む「焼穴子サンド」(2切れ ¥1,500)。香ばしくもフワとろな食感の穴子、幸せ。
酒を吹きかけて焼きあげた穴子と昆布の佃煮、わさびクリームチーズ、海苔を薄切りトーストで挟む「焼穴子サンド」(2切れ ¥1,500)。香ばしくもフワとろな食感の穴子、幸せ。

酒井商会

クラフトリカーブームの昨今、注目を集めるナチュールワイン。約80種類に及ぶワインリストが自慢の割烹「酒井商会」。福岡出身の店主が手がける“九州らしい”居酒屋メニューや四季折々の食材を生かした和食とのペアリングを堪能。うれしいことに平日は16時、土曜は15時開店。待ち合せ前や少しだけ飲みたいときにも、立ち寄りたくなるアドレス。

奥には4人掛けのテーブル席も。
奥には4人掛けのテーブル席も。

住所/東京都渋谷区渋谷3-6-18 荻津ビル2F
営業時間/16:00〜24:00(土曜15:00〜22:00)
定休日/日
TEL/070-4470-7621
URL/https://sakai-shokai.jp

漬け玉子に明太子とマヨをONした「おっぱいたまご」(¥800)を注文するとBGMとともに“ショータイム”が開幕。いったいどんな? それは、頼んだ人だけのお楽しみ♡
漬け玉子に明太子とマヨをONした「おっぱいたまご」(¥800)を注文するとBGMとともに“ショータイム”が開幕。いったいどんな? それは、頼んだ人だけのお楽しみ♡

ももまる

「おいしく飲んではしゃぎたい♡」or「なんだか人恋しい⋯」。そんな夜はピンクの妖精・レディーモモちゃんが営む「ももまる」へ。ピンク一色の空間は意外にも(?)ラーメン居酒屋。札幌仕込みのラーメンや種類豊富なお酒をリーズナブルに楽しめる。魅力がメニューにとどまらないのがモモちゃんのスゴさ。エンタメと謎に満ちた大人の遊び場でCheers!

「Numéro読者さぁーん、待ってるモモ〜ッ!」。
「Numéro読者さぁーん、待ってるモモ〜ッ!」。

住所/東京都渋谷区桜丘16-7 鈴木ビルB1F
営業時間/18:00~翌4:00
定休日/月ほか不定期
TEL/03-6416-0042(要予約)

Photo:Yufuko Uehara(konel), Shuichi Yamakawa(ももまる), Koji Yamada(酒井商会) Text:Nao Kadokami Edit:Yuuka Shiomi

Profile

本田直之Naoyuki Honda レバレッジコンサルティング株式会社代表取締役社長。作家。ハワイと東京に拠点を構え、日本の地方やヨーロッパなどを旅しながら、仕事と遊びの垣根のないライフスタイルを送る。屋台、B級から星付きレストランまでの食を極め、著名シェフとのつながりも広い。

Recommended Post

Magazine

June 2019 N°127

2019.4.26発売

Life is a Beach!

海と太陽と女たち

オンライン書店で購入する