Fashion / Feature

ファッションエディターの日替わりリアルコーデ Day6 お出かけ編

“おうち時間”にも慣れてきた頃。リラックスできる部屋着もいいけれど、やっぱり気分が上がるのは自分らしいおしゃれを楽しむとき! 個性豊かな3名のファッションエディターが普段のマイスタイルを日替わりで披露。最終日は、好きなところへ出かけるなら何を着る!? 妄想コーデをお届け。

友達と集まるときは、お気に入りドレスで!(漆原望)

こんなに長く友人と会えなかったのは初めてかも……? 久しぶりに集まれるその時が来たら、とにかく外出自粛中に着られなかった服を楽しみたい! 食事でも、ドライブでも、買い物でも、夜遊びでも……大好きな友人たちとならどこに行くのも待ち遠しい! 私は夏気分を盛り上げてくれるベアトップのドレスに、カードも入らないけど愛らしいマイクロバッグで出かけたい! ボディオイルで肌の調子も抜かりなく整えます。

ドレス/Jacquemus
バッグ/Saint Laurent
サンダル/Tibi

モードでアクティブなピクニック日和(大岩翠)

一気に夏らしくなってきて、やりたいことや行きたいところはたくさんあれど、一番は昼間から友人と気軽に集まってピクニック。リラックスしやすいように動きやすいボディスーツとキュロットパンツ。そこにバッグ、ベルトなど小物で遊び心を出しました。ハットとシューズは同系色に。今はまだ油断できないので、早くピクニックできる日を待ってベランダで実践中。

パンツ/Toga
ベルト/Saks Potts
ハット/Courreges
サングラス/Gucci
ストッキング/Courreges
シューズ/Maison Margiela
バッグ/JW Anderson

実用性も重視! ロックな夏フェススタイル(梶山史織)

今年中止になったフェスに思いを馳せて過ごしてます……(泣)。フェス気分を加速させてくれるロックTには、大きなスリットが入ってガシガシと動ける薄手のチェックスカートをチョイス(通気性抜群です笑)。安全を考えて足元をしっかりとホールドしたい派の私はDr.Martensを合わせて、ロンドンガール風に。紛失しがちなiPhoneはストラップ付きのケースが◎ 来年こそは参加したい!

Tシャツ/Vintage
スカート/Irene
サングラス/Oliver Peoples
iPhoneケース/Hikari × Casetify
バッグ/Prada
ブーツ/Dr.Martens

ファッションエディターの日替わりコーデを
もっと見る

Edit: Yukiko Shinto

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する