079
Fashion Post

90sムーブメントを振り返る
橋本徹、渡辺シュン、水原佑果のスペシャル対談

90年代にフリーソウルムーブメントを巻き起こした橋本徹と、その熱気を実体験したスタイリストの渡辺シュン、今またその頃の音楽シーンを沸かせた楽曲でDJをする水原佑果とともに、当時の様子を振り返る。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2017年4月号掲載)

Photos:Takay
Fashion Director:Shun Watanabe
Interview & Text:Hideshi Kaneko
Edit:Fumika Oi 

#105_groove_01

──渡辺シュンさんは「グルーヴ」をテーマにスタイリングを手がけましたが、どのような思いからこの雰囲気のスタイリングになったのでしょうか?

渡辺シュン(以下S)「90年代は、僕自身ブラックミュージックに影響を受けていまして、当時はレコードも買ってたり。きっかけは橋本さんが主催されていたDJイベント『Free Soul Underground』(※01)だったんですよ」

橋本徹(以下H)「そうなの(笑)!?」

S「そうですよ! それで、97年にエリカ・バドゥ(※02)の来日ライブに行って」

エリカ・バドゥ Photo : Getty Images

H「それは僕も覚えてます。すごく印象的だったよね!」

S「それから20年後、今の20代の人たちが90年代ファッションに興味を持ち、当時のあの感じが戻ってきている印象を受けました。だから今の服だけどヴィンテージと合わせたミックススタイリングにしたんです」

──渡辺さんは90年代に渋谷にあったDJバー『インクスティック』(※03)での「Free Soul Underground」に行かれていたとのことですが、それはいつ頃ですか?

S「最初に行ったのは1995年11月だったと思います。15歳でした(笑)」

H「早熟~(笑)!」

水原佑果(以下Y)「私、そのとき1歳ですよ(笑)!」

H「ということは、94年生まれ?「Free Soul」と同じ歳ですね(笑)。今は音楽も90年代のあの頃の感じに戻ってきてるよね」

──いま最も注目されているバンドの一つSuchmos(サチモス)(※04)は、あの頃の音楽の雰囲気ですよね。

H「90年代のアシッドジャズ(※05)世代にもジャストだと思いますよ」

Y「リズムも格好いいですしね!」

H「20年たって、やっとまた流れが来た! みたいな(笑)」

ジャミロクワイ Photo : Getty Images

──アディダスのジャージを着ているなど、ファッション的にも90年代のジャミロクワイ(※06)っぽさを感じますよね。

H「でも実は、ジャミロクワイもスティービー・ワンダー(※07)とかギル・スコット・ヘロン(※08)の音そのままって当時いわれてましたから(笑)」

Y「確かにスティービーっぽい!」

H「彼らが今の空気の中でそういうものを捉えているというのは、すごく好きですよ」

Y「それはリスペクトってことなんですね」

S「結局は、自分たちが90年代に格好いいと思っていたものは、実は70年代から来ていたということですね」

──しかし、ジャミロクワイが出てきたときは衝撃的でしたよね。当時はフロントマンのジェイ・ケイの服装を真似る男性も多かったです。

S「2015年にメンズ雑誌で“ストリート”をテーマにスタイリングをやることになって、僕が思ったのはジェイ・ケイだったんです。それで、渋谷とか原宿の古着屋に行ったら、そのカルチャーが流行りはじめていて」

H「90年代を思い出すね! 東京ではそれまでのDCブームとか、雑誌『ポパイ』などのアイビーを基調にしたキレイめファッションから、クラブカルチャーとか、ストリートカルチャーの影響がとても強くなった。それが90年代だと思うんです」

S「今のファッションって、皆が一緒の感じがありますが、当時は渋谷でもエリアによってファッションが違っていましたよね」

絶大な影響力を与えたローリン・ヒル

Recomended Post