443
Lifestyle Restaurant

ファッションと食の素敵な関係アンテプリマ カーサ・クチーナ by ANTEPRIMA

ファッションブランドやアパレルが、食を含めたライフスタイルの提案をして久しい。モードと食は密接につながり、カルチャーやトレンド発信地になってきた。今またファッショニスタやアパレルが、こだわりの食空間を続々プロデュースし、話題に。食とファッションのおいしい関係に注目! 一軒目は、アンテプリマ(Anteprima)が展開する「アンテプリマ カーサ・クチーナ(ANTEPRIMA Casa Cucina)」をご紹介。

Photo:Masahiro Goda
Text:Mika Kitamura
Edit:Yuuka Shiomi

#101_dish1-1
スパゲティー山椒ミートソース パクチー添え¥2,000

ファッションと食のトレンドは密接にリンクしている。良質な素材を使い、デザインはシンプルで、着心地の良いファッションが支持される時代であれば、質の良い食材をシンプルに料理する気軽なレストランが人気を呼ばないはずがない。日本のファッションを世界へ発信するブランド「アンテプリマ」が、「いまの気分」にぴったりなレストランをオープンした。『カーサ・クチーナ』とは、「おうちのキッチン」という意味。銀座という「ハレ」の場所であっても、家にいるように寛いでほしいとの気持ちが伝わってくる。店内は、クリエイティブ・ディレクターの荻野いづみさんの審美眼が貫かれ、アンティーク家具や壁を飾る絵、写真がリラックス度を高めてくれる。イタリアまで足を運び、選び抜いた食材に腕を振るうのは、名店「アロマフレスカ」出身の古澤正広シェフ。伝統の味から和のエッセンスを加えたメニューまで、守備範囲が実に広い。写真の山椒のミートソースはシェフのオリジナル。旬の食材を使ってひとひねりある味に仕立てるのが得意技だ。「汁なし担々麺のイメージでパスタを作ってみました。和牛を細かく切り、山椒とともに炒めます。パクチーの茎をたっぷり入れるのがポイントです」。山椒の爽やかな後味とパクチーの個性が見事に寄り添う。裏メニューもこっそり尋ねてみよう。「おうち」でしか言えないわがままも、ここではOKだ。

#101_dish1-2

ANTEPRIMA Casa Cucina
住所/東京都中央区銀座5-5-12 B1F
営業時間/ランチ 11:30〜15:00(L.O. 14:00)
ディナー 18:00〜23:00(L.O. 21:30)
定休日/日(月曜が祝日の場合のみ日営業、月休)
TEL/03-3572-8151
URL/casacucina.anteprima.com

Recomended Post