Culture / Post

2011年10月のおすすめの本をご紹介

『紙の民』
サルバドール・プラセンシア/著 藤井光/訳

読書の既成概念すらゆさぶる、実験的作品
妻に捨てられたメキシコ移民の父娘が自分たちを上空から見下ろす「土星(=作者)」の存在に気づき、自由意志を守るために頁上で「対土星戦争」を繰り広げていく。奇想天外な物語だけではなく装本にも度肝を抜かれる、「文学」の可能性を感じさせられる傑作。
¥3,570(白水社)


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Profile

Recommended Post

Magazine

July / August 2019 N°128

2019.5.28発売

So Animalistic!

動物たちのいるところ

オンライン書店で購入する