172
Culture Post

2010年6月のおすすめの本をご紹介

『ボリス・ヴィアンのジャズ入門』 ボリス・ヴィアン/著 鈴木孝弥/訳
Text:Miki Hayashi
『ボリス・ヴィアンのジャズ入門』
ボリス・ヴィアン/著 鈴木孝弥/訳

フランス文学の重鎮が綴った、ジャズへの愛
作家としてだけではなくセミプロのジャズ・トランペット奏者、音楽批評家としても活動していたボリス・ヴィアン。彼が自国フランスで発売されたレコード盤へ寄せたライナーノーツを集めた異色のジャズ・エッセイ集。ヴィアンのジャズへの深い愛が感じられる。
¥2,940(シンコーミュージック・ エンタテイメント)

次のページへ


本の詳細はAmazon.co.jpへ

Recomended Post