083
Culture Post

フラワーアーティスト 東信が挑む
植物と空間の美のコントラスト「In Broom」

植物の存在し得ない場所に花を生ける。フラワーアーティスト東信がアイスランドの氷河から、アリゾナの砂漠、海の中まで、世界各地を訪れ、その土地で、松を用いて作品を作り上げる。大自然や廃墟の絶景と一体化した植物が誘う、いまだかつてない異空間への旅。(「ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)」2016年1・2月合併号掲載)

Art Works:Makoto Azuma
Photos:Shunsuke Shiinoki
Edit & Text:Masumi Sasaki

makotoazuma_01
《Shiki1xSandstone》 アメリカ・アリゾナ州The Wave (バーミリオン・クリフ国定公園内コヨーテビュートにある砂岩の層) 自然が作り上げた歪な地層の美と人工的に作り上げた美のコントラスト。
 

花に魅せられ、花の可能性に挑み続ける
東信の探求と実験

無限の宇宙に、大自然の絶景に、巨大な建造物の中に、忽然と現れる、四角い枠にはめ込まれた松の姿は圧倒的な存在感と違和感を放っている。これらは2014年夏からスタートしたプロジェクト「In Broom」。
 

makotozuma_02
《Shiki1xGlacier》 アイスランドから氷河を目指し、船で沖へと向かった。一面の氷河に浮かぶ唯一の生の存在として松が際立つ。 
 

なぜわざわざこのような場所で生けるのか。

「本来植物が存在し得ないような環境の中に花を生けたら、どう見えるのか見てみたいという衝動に駆られるようになりました。砂漠にバラが一輪咲いていたら美しいだろうとか、北極で花を凍らせたらきれいだろうとか。例えば、茶室に花を入れるだけで間の空気が変わるように、何もないところに花を生けるだけで、まったく違う空間を人為的に作り出せるような気がして興味が涌いてきました」
 

makotozuma_03
《Shiki1xSpace》 アメリカ・ネバダ州 ブラックロック砂漠から特別装置を備えたバルーンで高度3万メートル、マイナス50度の成層圏へと打ち上げられた盆栽の宇宙飛行。

makotozuma_11
《Shiki1xSpace》 宇宙を目指して飛ばされた《式1》が徐々に高度を上げていく様子と変化を、円状に連結させた6台のビデオカメラGoProの360度映像と連続写真で見せる。 
 

まず、新たなる挑戦として東が最初に選んだ場所は、宇宙だった。アメリカ・ネバダ州の砂漠から打ち上げられた松は、成層圏に達すると凍りつき、すさまじい勢いで振り落とされていった。こうやって地上3万メートル、マイナス50度の環境下、まったく想像もしなかった姿を見せてくれた。この成功が転機となった。
 

植物の存在しがたい場所を求めて

Profile

東 信(Makoto Azuma) 2002年より花屋を営み続け、現在は東京・南青山にてオートクチュールの花屋「JARDINS des FLEURS」を構える。05年よりフラワーアーティストとしてニューヨーク、パリ、ドイツ、ブラジルなど、国内外で精力的な活動を展開。独自の視点から花や植物の美を表現し続けている。www.azumamakoto.com

Recomended Post