Culture / Post

大人が聴きたい
おしゃれな次世代ラッパーたち

日本語ラップ初心者のみなさんへ。ヌメロ読者のために、クールなイマドキアーティストを人気ブロガーの山下智也さんが厳選。

TV・ラジオで耳にしたことも?
ラップブームを牽引するキーマンたち

rap_01
rap_01

CMからバラエティ音楽まで手がける多彩なセンス
PUNPEE
パンピー

人気ラッパー5lack(スラック)の兄であり、レッドブルのCMやバラエティ番組『水曜日のダウンタウン』の音楽も手がけるなど、今の日本語ラップ界においてヒップホップの良さを広く伝えるキーマン的存在だ。加山雄三の名曲「お嫁においで」をリミックスした楽曲でも話題になった。一般的にイメージするラッパーとかけ離れたナードなヴィジュアルも人気の秘訣。

rap_02
rap_02

冠ラジオ番組を持ち、大型新人として突如デビュー
RYKEY
リッキー

父が日本人、母がケニア人のハーフであり、八王子のギャングに入っていたという特異なバックグラウンドを持つ。無名の頃から、インターFMで『RYKEYとゆかいな言葉たち』という自身のラジオ番組を持ち(現在は終了)、マンハッタンレコードからデビューを果たした逸材。聴く人の感情を揺さぶるであろう、自身の経験に基づく生々しい歌詞に注目だ。

rap_03
rap_03

人気ラップ番組テーマ曲を歌うのは、意外なあの人
SKY-HI
スカイハイ

人気番組『フリースタイルダンジョン』のテーマ曲を手がけるのは、言わずと知れたAAAの日高光啓。ラジオ番組で数々のラッパーとフリースタイルラップセッションをしたことで、アイドルとはいわせないその本気度と確かな実力が知れ渡った。ライブパフォーマンスにもさすが長けており、独特のリズム感のラップは聴き取りやすく心地いい。

誰もが知っているあの人とコラボ!
メジャーとの架け橋を繋ぐ

rap_04
rap_04

×宇多田ヒカル
KOHH
コー

お互いファンだったという日本のR&Bスターとヒップホップスターのコラボは、多くのブラックミュージックファンを騒がせた。宇多田ヒカルの復活アルバム『Fantôme』に参加。パリコレでファセッタズムのランウェイを歩き、アーティストとして個展を開くなど、日本ヒップホップ界にイノベーションを起こし、仏ヌメロほか海外メディアも関心を寄せる。

rap_05
rap_05

×SKY-HI(AAA日高光啓)
SALU
サル

SKY-HIとしても活躍するAAA日高光啓とのコラボアルバムを発売したSALU。ストリートから絶対的支持を得るSALUと、『フリースタイルダンジョン』のテーマ曲を歌う実力派ラッパーSKY-HIのコラボに驚嘆したファンも多いだろう。中性的なヴィジュアルに加え、話しかけるようなラップは、ラップ初心者の女性でも聴きやすいのでオススメ。

rap_06
rap_06

×森高千里、ももクロetc. …
tofubeats
トーフビーツ

これほど多くのコラボを実現しているアーティストも珍しい。軸にある音楽はヒップホップだと語るが、ももクロのリミックスから森高千里との共演まで、ジャンルの垣根を超えた音楽を発信している。最近ではRYO-Z&PES (RIP SLYME)や最上もが(でんぱ組.inc)とコラボし、プレイステーション4の人気タイトルをラップで紹介するCMを手がけた。

ファッションも要チェック!
若者のストリートアイコン

rap_07
rap_07

ラップ界のミスターシティーボーイズ!
THE OTOGIBANASHI’S
オトギバナシズ

原宿の空気とマッチするヒップホップクルーは、リーダーのBIMを中心としたin-d、PalBedStockの3人組。浮遊感と哀愁のあるサウンドにクールなラップが融合し、外しのあるファッションも都会的だ。彼らが所属するクルー”CreativeDrugStore”の活動や、楽曲制作を題材とした映画『THE COCKPIT』が公開されるなど、感度の高い業界人も注目する。

rap_08
rap_08

ハイセンスに日常をラップに落とし込む
ZORN
ゾーン

シンプルななかにもセンスの良さがにじみ、SupremeやVansなどのスケーターファッションを着こなす。ラップにもセンスがあふれており、繰り返す日常や小さな幸せを大切するリリックで、泣けるラップとしてもファンの心をわしづかみに。2児の父でもあり「洗濯物干すのもHIP-HOP」というパンチラインは日本語ラップシーンに残る名言!

rap_09
rap_09

ラップ選手権覇者はスニーカーオタク!?
HIYADAM
ヒヤダム

第3回BAZOOKA!!!高校生RAP選手権で優勝した実力の持ち主で、フリースタイルも秀逸。英語ラップに引けを取らない滑らかな歌い回しで日本語を操る。甘いマスクが印象的だが、ファッションにもこだわりが強く、スニーカーオタクとしても知られる。Instagramから発信されるコーディネートは、ファッション好きの間でも人気だ。

ラップだけにとどまらない
新世代のトラックメイカー

rap_10
rap_10

実力派のソロが集まる特異なクルー
Fla$hBackS
フラッシュバックス

ヒップホップクルーといえば、通常はラッパーとトラックメイカーで分業するケースが多い。でもこのクルーは全員がトラックメイクもできてしまうというからすごい。JJJ、Febb、KIDFRESINOの3人からなり、それぞれソロとしても評価が高い。特にJJJが作る音は、独特の透明感と爽やかさがあり「絶対にハズレがない」と厳しい音楽ファンもうなるほど。

rap_11
rap_11

若くして独立レーベルを立ち上げたマルチな鬼才
Jinmenusagi
ジメサギ

ラップ、トラックメイク、プロデュースなどマルチに活動し、15年には24歳にして自身のレーベル「インディペンデント業放つ」を設立するなど、すべてを一人でこなす多彩ぶり。もともとDAOKOらと共に活動し、ネット上に楽曲をアップして話題に。高速のラップスキル、アップテンポの楽曲などで、クラブミュージックファンにもその名が知られている。

rap_12
rap_12

ヒップホップ界でもエリートなインテリ
STUTS
スタッツ

東大卒という高学歴に加え、生演奏の技術も高く、13年2月にはNY・ハーレム地区の路上でライブを行い、本場のアメリカ人をうならせた。その音楽は、単におしゃれという一言では収まらないジャジーで大人な雰囲気。最近は「星野源のオールナイトニッポン」で、STUTS feat. PUNPEEの『夜を使いはたして』が好きな曲だと紹介された。

Text:Tomoya Yamashita
Edit:Saori Asaka

Profile

山下智也(Tomoya Yamashita) 人気ブロガー。日本語ラップの魅力を世の中に伝えようとブログをスタート。写真や映像を手がけ、Fooloshとしても活動中。
URL/山下智也.com

Recommended Post

Magazine

151_h1_520

NOVEMBER 2021 N°151

2021.9.28発売

Sweet Dreams

夢の続きを

オンライン書店で購入する