009
Culture Post

田中杏子×藤原ヒロシ対談
「原宿カルチャーの“あの頃”と“未来”の話」

2016年3月26日(土)、27日(日)にラフォーレミュージアム原宿にて開催された「HARAJUKU SUMMIT 越境するファッション」。ファッションだけでなく、ビューティ、デザイン、アート、メディアなど、各分野のクリエイターが参加し、ジャンルを越えたクロスオーバーなトークが繰り広げられた。27日(日)には音楽プロデューサーの藤原ヒロシと小誌編集長の田中杏子が登場。「原宿から世界へ、ファッションが伝える事」をテーマに、原宿の歴史を踏まえて、世界から注目される原宿カルチャー、これからのファッションについて語った。

Photos:Wataru Fukaya
Text:Miho Matsuda
Edit: Kefa Cheong

HARAJUKU SUMMITO 田中杏子×藤原ヒロシ

二人の出会いは原宿カルチャー最盛期

田中杏子(以下A)「『原宿から世界へ、ファッションで伝えること』というトークテーマですが。まず最初に、私たちの出会いの話から始めましょうか」
藤原ヒロシ(以下H)「杏子ちゃんが『VOGUE NIPPON(現:VOGUE JAPAN)』にいた頃ですよね」
A「私はその前からヒロシ君のことは知っていて、プロデュースしたCD聴いていたから、完全に音楽業界の人だと思っていたんですよ」
H「杏子ちゃんはVOGUEの前はスタイリストでしたよね。ミラノにも住んでいたけど、いつ日本に帰ってきたんですか?」
A「91年でした。私は原宿カルチャー(※1)をあまり知らないんですよ」
H「ちょうど原宿カルチャーが盛り上がっていた頃ですね」
A「そうなんですね。ヒロシ君は音楽のプロデュースをしながら、ストリートブランド・GOODENOUGHを立ち上げたり」
H「まあ、お手伝いですね」
A「でも社長もやってませんでした?」
H「80年代後半から90年代前半までは。それ以降は、ブランドの運営ではなく、フラグメントデザイン(デザインユニット)として他のブランドと一緒にできることをやろうと」
A「バッグブランド・HEAD PORTERは?」
H「しばらくプロデュースしてますね」
A「ヒロシ君の出身は三重県なんですよね。原宿はもう長いんですか?」
H「ずっと住んでいたわけではないけど、いつも原宿にいました。当時、セントラルアパートというのがラフォーレの反対側(現:東急プラザ表参道原宿)にありまして、ブティック・MILKやクリエイターの事務所があったので、そこで遊んでいましたね」
A「UNDERCOVERのデザイナー、ジョニオ君(高橋盾)とかA BATHING APE®のNIGO®君と一緒に?」
H「出会う前からですね」
A「その頃から原宿に拠点を置いていたんですか?」
H「原宿の街が一番面白かったんです」
A「今は外国の方に原宿カルチャーが人気ですが、その頃もすでにそうだったんですか?」
H「いや、そもそも街に外国人自体が少なかったんですよ」
A「91年にイタリアから帰国したとき、原宿が変わったなっていう印象があったんですよ。街が元気というか」

※1 裏原宿ブームと呼ばれるクリエイティブセンスの高い人々が発信するファッションやカルチャー

HARAJUKU SUMMITO 田中杏子×藤原ヒロシ

“青文字系”VS“赤文字系”の構図

H「91年はそうやって原宿が元気になってきた頃ですよね」
A「竹の子族はもっと前でした?」
H「82年ぐらいです」
A「その頃も原宿にいたんですか?」
H「いました。竹の子族(※2)でもロックンローラー(※2)でもなかったけど。海外から友達が来ると、原宿のホコ天(歩行者天国)を案内したり」
A「今回、テーマが原宿から世界へということなんですけど、その頃のファッションは“渋谷系と原宿系”または“赤文字系と青文字系”に分かれてましたよね」
H「分かれているというより、むしろ敵対していて面白かったですよ。それぞれ全く違うファッションでした」
A「男性に受けるギャル系か、女の人が好むモード系か。その頃ヒロシ君は、音楽をやりながらカルチャーを発信しつつ…」
H「DJをやりながら海外にもよく行ったりしていたので、そこで情報を吸収しつついろんな人と仲良くなって、海外のものを日本に持ってきたり。今ならネットですぐわかるから、必要ないかもしれないけど」
A「タレントのYOUとテレビ番組もやってましたよね」
H「そういえばYOUはデビュー前、竹の子族でした」
A「そうなんだ! 今度、本人に聞いてみます(笑)。80年代90年代は原宿もイケイケだったんですね」
H「80年代は原宿もバブルでした。それが80年代後半にバブルが弾けて、原宿の街も人がまばらになった。裏原には、プロペラとか古着屋さんはいくつかあったけど、テナントもガラガラ。その頃の家賃は安かったので、若い子が何かやろうと思えばできたんですよ。だからUNDERCOVERもA BATHING APE®も最初は家賃が十何万円とか。それで、みんな手作り感覚でやっていた感じはありますね」
A「ぶっちゃけ今は?」
H「今はその10倍はするでしょうね」
A「もう原宿は、若い子が何か始める場所ではないんでしょうか」
H「時代っていうのはありますからね」
A「街には人が溢れているけど、発信しようという意気込みは少なくなっているのかな。原宿といえばユースカルチャーが生まれる場所というイメージがありますけど、今は大人が拠点を置いてる街なんでしょうか」
H「青文字系やASOBISYSTEM(※3)みたいな子もいますけどね」
A「昔は雑誌『FRUiTS』に載るような着飾った子たちがたくさんいて、独自のストリートカルチャーがあったじゃないですか。ASOBISYSTEMのような子たちもいるけど、今もそういうムーブメントがあるんでしょうか」

※2 80年代前半に、毎週日曜に開催されていた原宿の歩行者天国に集まって踊っていた若者グループ。「ブティック竹の子」で購入した衣装や、チームごとの原色の衣装が特徴。80年代後半にはリーゼントに革ジャンの「ロックンローラー」も勢力を拡大した。
※3 ASOBISYSTEM…きゃりーぱみゅぱみゅ、三戸なつめなどが所属する芸能・モデル事務所、インベントプロデュース、メディア運営会社。

Recomended Post