70
People Personality

女優、貫地谷しほりの決断
「21歳で大学を辞めました」

演技派として各方面から高い評価を受ける女優、貫地谷しほりが登場。放送中のドラマ『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、婚活に励むアラサー女子を演じる。自身も結婚や仕事への思いが揺れ動く30歳。女優としてのターニングポイントやリアルな日常を教えてくれた。
(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2016年6月号掲載)

Photos:Gen Saito Styling:Nobuko Ito Hair & Makeup:Ichiki Kita 
Interview & Text:Maki Miura Edit:Saori Asaka

shihori kanjiya

──木曜劇場『早子先生、結婚するって本当ですか?』では、結婚願望が強く婚活に励む小学校教師・久我山ミカ役。貫地谷さんご自身の結婚願望は?

「女性って皆そうだと思うけれど、結婚したい時期とそうではない時期がありますよね。私も10代の終わりと20代半ばの頃は結婚したかったけど、今はあまりないです。でも台詞で『老後、独りでいたくない』『何となくふと寂しくなる瞬間、わかります』とあって、ああ、それわかるなぁって。毎日楽しくて、現状に不満はないのですが…。撮影が終わる頃には私も結婚したいと思えたらいいかなと思っています」

──ミカとして、このドラマを通して伝えたいことは何ですか。

「例えばハイスペックな男性なら多少のことには目をつぶって結婚する、というのも一つの価値観かもしれません。でも本当に好きな人と一緒になれたら、その先も自分に正直に生きていけるはず。自分の気持ちに素直に生きるって、簡単そうで尊いことだと伝えたいです」

──貫地谷さんはちょうど30歳。楽しい年頃に入ってきた感じ?

「いや、今はまだ20代のブランドを捨てたショックが大きくて(笑)、若さで許されない年齢に入ったなと。大人の女性のイメージとしては、安い焼酎を何杯も飲むのではなく、いいワインを適度に嗜む! あとはエロ気ではなく色気がある。大人になると、やっぱり品が大事ですよね」

Profile

貫地谷しほり(Shihori Kanjiya)1985年生まれ、東京都出身。2002 年のデビュー以来、映画『スウィングガールズ』(04年)などに出演。オーディションにより07年NHK連続テレビ小説『ちりとてちん』主演。翌年、エランドール賞新人賞受賞。13年には『くちづけ』で映画初主演を務め、第56 回ブルーリボン賞主演女優賞を受賞。

Recomended Post