People / Interview

自然体で美しい魅力を輝かせる
深田恭子、32歳の“すっぴん”

奥ゆかしくありながらも、大胆。そして、少女のようなあどけなさと、引き込まれんばかりの大人の女の色気を同時に持ち合わせた、とてつもなく魅惑的な女性へと成長した女優・深田恭子。写真集『Down to earth』では、趣味のサーフィンを披露するなど、抜け感のある、ナチュラルな新しい魅力がとても新鮮に映った。現在32歳の持つ、彼女の不思議な美の引力とは? その秘密に迫る。

1. 2. 3. 4. 毎年恒例のお餅つき
5. キツネの行列

6. Numéroさんに用意して頂いたお弁当
7. クリスマスにクランクイン

Photo:Kazutaka Nakamura 
Makeup:Nao Suzuki 
Hair:Tié Toyama 
Styling:Yoshiko Kishimoto 
Fashion Assistant:Nozomi Urushibara 
Retouch:aki Kanazawa 
Edit & Text:Hisako Yamazaki 
Special Thanks to Tokyo Marriott Hotel

Profile

深田恭子(Kyoko Fukada)1982年11月2日生まれ。東京都出身。96年にホリプロタレントスカウトキャラバンのグランプリを中学2年生で受賞し、芸能界へ。98年に放送されたドラマ『神様、もう少しだけ』でヒロインに抜擢され、注目を浴びた。2004年、映画『下妻物語』で主人公のロリータ少女を演じ、第59回毎日映画コンクール主演女優賞を最年少で受賞をはじめ、複数の賞を受賞。社会現象ともなった人気ドラマ『セカンドバージン』を手掛けた脚本家・大石静氏と再びタッグを組んだドラマ『セカンド・ラブ』にてヒロインを演じる。

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する