指原莉乃の分岐点「ワンカップを飲みながらドラフトを見てめちゃ泣きました」 | Numero TOKYO - Part 3
Culture / Post

指原莉乃の分岐点「ワンカップを飲みながらドラフトを見てめちゃ泣きました」

Numero TOKYO 83号/きっかけは“コレ”でした vol.56 指原莉乃
Numero TOKYO 83号/きっかけは“コレ”でした vol.56 指原莉乃
──博多との往復で多忙だと思いますが、プライベートはどんなふうに過ごしていますか? 「昨日はワンカップを飲みながらドラフトを見てめちゃ泣きました。かなり感動しました」
──野球がお好きなんですか。 「全然興味ないです(笑)。ただドラフトだけは大好き。面白いじゃないですか。それぞれいろんな人生があって『ああ、プロ野球選手になれてよかったね!』って思う。何かに頑張っている人を見るのは好きです。感動できる」
──AKB48選抜総選挙と重ね合わせたり? 「それは違います。ドラフトとAKB48の総選挙を一緒にするのは申し訳ない! ドラフトは人生かかっていますからね。一生が決まる。でも総選挙は一生が決まるわけではないので。人の一生を見るのはドキドキします。ドラフトだけは毎年、欠かさず見るようにしています」
──でも野球にあまり興味がないなら、チーム名や名前を見ても、わからないわけでしょう? 「ピンとこないです。でも第一希望に行きたいんだという気持ちは伝わる。その人の出身地と決まった球団が近かったりすると『お母さんも試合を見に来れるし、よかったね!』って、ワンカップ飲んで焼き鳥食べて泣いちゃう」
──(笑)。ほかに最近泣けたことは? 「ドラマ『昼顔』を見て泣きました。こんなにつらいことがあるのかと」
──感性が独特ですね。 「そうですね。基本、恋愛ものでは泣かないですが、『昼顔』はかわいそうで泣きました。そういえば泣くことってドラフト以外あまりないかも」

Profile

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する