大きいバッグが急に欲しくなったミニバッグ派のあなたに|私たちのモノ語り #017 | Numero TOKYO
Fashion / Editor's Post

大きいバッグが急に欲しくなったミニバッグ派のあなたに|私たちのモノ語り #017

先日、TOGA VIRILISの展示会でオーダーしていたビッグバッグが届きました。クジャク柄です。クジャクといっても優美なそれではなくて、ちょっとトボけたような表情と、シノワズリ調でありつつポップ&シックな佇まいのプリントが気に入っています。 私は身長158cmと小柄なもので「バッグは小さめ」が長年のマイルールでした。小学生の頃あまりに小さく華奢で「ランドセルが歩いてる」と言われ続けたせいかも……? ともあれ「何も何も 小さきものは みなうつくし」とばかりにミニバッグ信仰は昨今のブームで拍車がかかり、ビッグバッグに目が向くことが全然なかったのでした。 ところがコロナ禍でリモートワークが日常になり、平日はPCの持ち歩きが必須に。しばらくはいただきもののトートバッグとのダブル持ちに甘んじていたのですが、マックスマーラの展示会でいただいたトートバッグ(こちらのYouTubeでエディター清原が持っているサブバッグと同じもの)で「大きいバッグ」の魅力に開眼してしまいました。なんて使いやすいんだ!

縦45×横60×マチ16cmと大容量です。
縦45×横60×マチ16cmと大容量です。

そんなわけで新学期に向けて、PCが入る大きさで、あんまり重たくなくて、コートやジャケットの上からでも肩からかけられる感じのいいビッグバッグが欲しいなぁと物色していたところ、ふいに届いたこのトート(展示会でオーダーしたことを忘れてしまいがち……)。

メンズのものでとても大きいのですが形がカチっとしていないぶん、また、プリントの視覚効果もあって、小柄な私でもバランスをとりやすい気がします。シンプルなスタイリングのスパイスになり、ポリエステル生地でバッグ自体がとても軽く、雨が降ったりしても気にせずにいられて、最強。買い物するつもりじゃなかったけどバナナとにんじんだけは買って帰りたい……みたいな日にももちろん便利なことこの上なし!

実はパッカブルで、バッグの内ポケット部分に畳み込むとiPad(11インチ)ぐらいのサイズになりました。
実はパッカブルで、バッグの内ポケット部分に畳み込むとiPad(11インチ)ぐらいのサイズになりました。

実際、週末のちょっとした旅行や帰省にもエコバッグとしてもいいなぁと思って購入していたのですが、あまりの使い勝手のよさにオン・オフ問わず日々愛用中です。難点は、とても大きいのと自立しないので中身が迷子になりがちなことでしょうか。私は、小さいバッグの中身を丸ごと巾着にまとめて入れることで中身の捜索にかける時間と手間を軽減しています。

ちなみに、価格は税込20,900円。エコバッグにしてはちょっと値が張りますが、私のようにミニバッグ派で、必要に駆られてビッグバッグが急に欲しくなった人へのエントリーアイテムとしてもおすすめしたいな〜と思っています。

「【連載】私たちのモノ語り」をもっと読む

Profile

井上千穂Chiho Inoue コンテンツ・ディレクター。『Numero TOKYO』創刊に参加し、エディターとして主に特集を担当。2011年に卒業後、ウェブマガジン「honeyee.com」「.fatale」の副編集長をつとめ、19年よりNumero TOKYOへ出戻り。ウェブや本誌の編集、デスク業務の傍らで、NFT販売など新規プロジェクトを遂行中。プライベートではピアノ、ギター、多言語(6カ国語)を学び直し中。ランニングとワークアウト、韓国ドラマにも目覚めてしまい、1日24時間じゃ全然足りない、二児の母。

Magazine

July / August 2022 N°158

2022.5.27 発売

Small Blessings

小さな相棒、私のしあわせ

オンライン書店で購入する