Fashion / Editor's Post

エディター発 モードな事件簿「OAMC」“水色”のプルオーバー

小誌エディターの気になる最新トレンドや撮影の裏話まで、鋭い視線を盛り込んだトピックスをお届け!(『Numero TOKYO(ヌメロ・トウキョウ)』2021年12月号掲載)

ルーク・メイヤーが仲間と手がけるブランドOAMC。機能性や合理性にフォーカスしたデザイン、カルチャーのエッセンスを取り込んだ上質な服を丁寧に作る姿勢に共感します。¥95,700(参考価格)/OAMC(エドストロームオフィス 03-6427-5901)
ルーク・メイヤーが仲間と手がけるブランドOAMC。機能性や合理性にフォーカスしたデザイン、カルチャーのエッセンスを取り込んだ上質な服を丁寧に作る姿勢に共感します。¥95,700(参考価格)/OAMC(エドストロームオフィス 03-6427-5901)

なぜか惹かれるスカイブルー
90年代もいまも

スカイブルー、特にスモーキーだったり淡く黄みがかった水色が好きです。残念ながら“推し色”ではなくて、90年代初頭のフレンチブームでおしゃれ心に火がついた中学時代、アニエスベーで選んだカーディガンプレッションが水色で(一張羅が黒じゃないなんて……! ですが)、以来、水鏡のような内向的で静かな色をずっと自分のシンボルカラーだと思っています。

ちなみに今季気になって仕方ないのはやっぱり水色のOAMCのプルオーバー。それだけの話ですが、服でもネイルでもインテリアでも色が心に与える影響は絶大。みなさんはどんな色が好きですか?

「モードな事件簿」をもっと読む

Profile

井上千穂Chiho Inoue ウェブ・コンテンツ・ディレクター。『Numero TOKYO』創刊に参加し、エディターとして主に特集を担当。2011年に卒業後、ウェブマガジン「honeyee.com」「.fatale」の副編集長をつとめ、19年よりNumero TOKYOへ出戻り。外出自粛生活を機に念願のクラシックギターを購入。映画『ビフォア』シリーズのセリーヌ(ジュリー・デルピー)と『はじまりのうた』のグレタ(キーラ・ナイトレイ)のような弾き語りを理想に掲げ、イメトレには余念がない、二児の母。

Magazine

ec3

JANUARY / FEBRUARY 2022 N°153

2021.11.27発売

Good Fortune

占いを味方に!

オンライン書店で購入する