Culture / Editor's Post

2020年12月22日、グレート・コンジャンクションの先に向けて

いよいよ2週間(と少し)後に迫った12月22日のグレート・コンジャンクション。占いがお好きな方にはもはや説明不要だと思いますが、木星と土星が大接近する大イベントです。

おまけに今回は200年に一度の転換点になると言われていて、2020年に私たちが実際に体験している変化が、占星術が示すものとあまりに符合しているので、占い好きでない方も見聞きする機会が多いのではないでしょうか。(グレート・コンジャンクションについては、鏡リュウジさんとスカパラ谷中敦さんの対談にも詳しいのでぜひ!)

ヌメロ・トウキョウ2021年1・2月合併号では、2021年上半期の占い特集を掲載しています。鑑定は、Numero.jpでマンスリー星座占いを連載中の猫星ラピスさん。プラハ在住のイラストレーター三ツ島香織さんが挿画を担当してくださいました。

二度目のロックダウン目前のチェコから届いた扉イラストは、「パーティーへ行くためにドレスアップをしている女性と毛づくろいをしている猫」。スタイリッシュでユーモアもあって、ホリデー気分を高めてくれます。

12星座もそれぞれ素敵なので、ぜひテキストとともに、イラストもご覧いただけたら嬉しいです。ちなみにこちらは山羊座。おしゃれ。

猫星さん曰く、このグレート・コンジャンクション以降の「風の時代」は、「働かざる者食うべからず」といったような古い価値観から脱出することがカギだそうです。さらには、大転換といってもまだ2021年は「土の時代」からの価値観の変化の途中(混乱期)なので、焦らなくても大丈夫とのこと。自分の中にある愛を大切に、おおらかに、軽やかに変化を楽しむ。今号の特集が、読者のみなさんにとって新しい時代に向けての一助になれば幸いです。

Profile

井上千穂Chiho Inoue ウェブ・コンテンツ・ディレクター。『Numero TOKYO』創刊に参加し、エディターとして主に特集を担当。2011年に卒業後、ウェブマガジン「honeyee.com」「.fatale」の副編集長をつとめ、19年よりNumero TOKYOへ出戻り。外出自粛生活を機に念願のクラシックギターを購入。映画『ビフォア』シリーズのセリーヌ(ジュリー・デルピー)と『はじまりのうた』のグレタ(キーラ・ナイトレイ)のような弾き語りを理想に掲げ、イメトレには余念がない、二児の母。

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する