Culture / Post

Numero TOKYOおすすめの5月の本

あまたある新刊本の中からヌメロ・トウキョウがとっておきの3冊をご紹介。

『カゲロボ』

著/木皿泉
価格/¥1,400
発行/新潮社

抱え込んでいた心の傷に寄り添う9つの物語

誰かに傷つけられた人、傷つけてしまった人。わだかまりを抱える人々と、社会を監視していると噂されるロボットとの不思議な巡り合わせがつなぐ物語。言葉にできずにいた感情から解放され、再び歩み始める9人の声が静かに響く、優しさと切なさに満ちた感動作。

『ディオゲネス変奏曲』

著者/陳浩基
訳/稲村文吾
価格/¥1,700
発行/早川書房

独創と奇想が織りなす、唯一無二のミステリ

華文ミステリ界を牽引する著者が、初期作から習作まで自選した短編集。収録された17編のジャンルは本格推理やSFなど多岐にわたるが、そのどれにも巧妙なトリックが仕掛けられている。著者の枠にとらわれない才能を実感させられる、デビュー10周年記念作品。

『トリック』

著者/エマヌエル・ベルクマン
訳/浅井晶子
価格/¥2,500
発行/新潮社

戦時下と現代をつなぐ、一世一代のマジック

ホロコーストを生き抜いた奇術師と、両親の不仲に思い悩む少年。交互に語られていく2人の過去と現代の物語が「永遠の愛の魔法」によって交わる瞬間、思わぬ事実が明かされる。何かを信じるという純真な行為が生み出す奇跡の力を描いた世界的ベストセラー。

Numero TOKYOおすすめのブックガイド

Text:Miki Hayashi Edit:Sayaka Ito

Recommended Post

Magazine

ec

December 2019 N°132

2019.10.28発売

Good to Know

いいね! がつなぐ未来

オンライン書店で購入する