Beauty / Feature

2020ベストコスメ★メイクアップ

当たり前のことが当たり前ではなくなった2020年。気分までポジティブに引き上げてくれる、“色気”や“ツヤ”を感じさせるメイクカラーに人気が集結したよう。メイクで生活に華を添えて!

アイシャドウ部門

1位 ディオール/サンク クルール クチュール

モードの才を尽くした珠玉のパレット

上:879 下:689 各¥7,600/パルファン・クリスチャン・ディオール

クチュールドレスを想起させる5色のハーモニーから、人気の2種が選出。(選者/安倍、石井、神崎、齋藤、佐伯、楢﨑、松本、美香、MICHIRU、佐々木、ピーニャ)

「美しくならないわけがない689、甘みだけではない二面性をもつ879。絶妙な色と透明感の重なり合いがこのうえなく美しい」(神崎恵さん)

「まぶたに密着する官能的な“生質感”に驚かされ、まぶたの立体感を操る“美発色”に驚かされ。ブラウングラデの中に赤みで色気を忍ばせる689は、どんな目にも!」(松本千登世さん)

「ワクワクとした気持ちでメイクを楽しめる配色と質感!」(MICHIRUさん)

「質感、発色、色合い。すべてが完璧に完成された名作。大好きです」(佐伯裕介さん)

「079ブラックボウの黒の発色も好き!」(ピーニャニーニャさん

2位 シャネル/レ キャトル オンブル 362

©CHANEL
©CHANEL

¥6,900/シャネル カスタマーケア

名作の数々を生み出してきたレ キャトル オンブルから、センシュアルでいて可愛い陰影が叶う大人のためのピンク&ブラウンが登場。(選者/安倍、神崎、齋藤、楢﨑、松本、MICHIRU、佐々木、三苫)

「ピンクのニュアンスが絶妙で、甘さ控えめ。どの色も指でササッと塗るだけで、いい感じにこなれて大人っぽさと品のよさが叶います」(楢﨑裕美さん)

「色味が秋の服に合いそう!」(三苫愛さん

3位 パルファム ジバンシイ/ル・ヌフ・ジバンシイ

全5種(写真は04)¥7,600/LVMH フレグランスブランズ

4つの質感からなる9色は、パレットひとつで自分だけのアイメイクを自在に楽しめる無限の宝箱のよう。(選者/安倍、鈴木、松本、MICHIRU、佐々木)

「このアイシャドウパレットを使った日は“アイシャドウどこの?かわいい!”と褒められる率が高い!捨て色なしの組み合わせも最高です」(鈴木えみさん)

「異なるテクスチャーと9色のカラーバランスが絶妙。01は、肌馴染みのいいコーラル、ベージュカラーと影色がアクセントカラーを引き立てて、使い方次第で何通りもの顔に」(MICHIRUさん)

リップカラー部門

1位 シャネル/ルージュ ココ フラッシュ

左:126 中:124 右:116 各¥4,000/シャネルカスタマーケア

胸が高鳴る幸せのリップスティック

輝きと潤い、ツヤがひと塗りで実現!(選者/安倍、石井、鵜飼、神崎、田中、MICHIRU、佐々木)

「ただこのルージュを纏うだけで圧巻の存在感。美しさを越える楽しさが味わえる」(神崎恵さん)

「とろけるような質感で、するするとカジュアルに塗れる。116はピンクゴールドの繊細な輝きがきれい」(MICHIRUさん)

「高発色と透明感の加減が絶妙。124はシアーなツヤのコーラルで、顔色をパッと明るくどこまでもフレッシュな印象に」(石井美保さん)

「126は、典型的なオークル肌もくすませず洗練された印象に導く万能色」(安倍佐和子さん)

「シアーな色づきで、意外にチークとして使ってもすごく自然!」(田中シェンさん)

2位 シャネル/ルージュ アリュール ラック

©CHANEL
©CHANEL

75 ¥4,200/シャネル カスタマーケア

乾燥にも摩擦にも負けない極上のリップカラーが全15色で新登場。揮発性のオイルが密着して、サテンのように繊細なツヤと美しい発色が思いのまま!(選者/齋藤、楢﨑、松本、美香、佐々木、水川、菅沼)

「サラッと軽く塗れてしっとりとフィット。ほわっとしたツヤがありつつもベタつきなく、マスクにもつきづらく、落ちづらく、溺愛中」(楢﨑裕美さん)

「待ってました!なアイテム。マスク下でも色移りせず、色が持続するリップを探す日々だったので、これだ!と思いました。何本も欲しい!」(水川望美さん

「色持ちがよくマスク時代に最適。サラサラしたリキッドからセミマットに溶けて馴染み、カラーも絶妙でこなれ色が多いので好きです」(菅沼ゆりさん

3位 イヴ・サンローラン/ルージュ ピュールクチュール ザ スリム グロウマット

左から:203、211、212 各¥4,300/イヴ・サンローラン・ボーテ

内側から光輝くようなツヤマットな仕上がりを実現。ツヤだけどマット、その“相反する”質感が新しい。唇をすべるようにのびる洗練の塗り心地。(選者/安倍、AYANA、楢崎、美香、佐々木)

「唇が乾かずいつまでもしっとりしていて、濃密な発色なのに仕上がりはナチュラル。さらに色気を感じるブラウンシェードのラインナップ。そのすべてにノックアウトです」(AYANAさん)

チーク・ハイライト部門

1位 ナーズ/ブラッシュ

上から:4077、4078、4084、4079 各¥3,700/ナーズ ジャパン

どんな肌も美しく染める“神”チーク

しっとり柔らか、プロ絶賛のパウダーチーク。(選者/安倍、AYANA、石井、神崎、佐伯、shuco、松本、MICHIRU、佐々木、金子、三苫)

「シルクのようななめらかさと肌の質感を生かす透明感で、まるで奥の奥から滲み出るかのように頬が染まる。4079は、纏うだけで洒落感が生まれ“格好いい顔”に」(松本千登世さん)

「どんなスキントーンにも合い、肌そのものの血色感を美しく引き出すようなライトなつけ心地が今の気分にぴったり。ふんわり曖昧につけても骨格が際立ち、立体感が出せるのはさすがです」(石井美保さん)

「何色か重ねてカスタマイズしたりブレンドしやすい。4077はゴールドパールの輝きにセンシュアルな血色感が滲んできれい」(MICHIRUさん)

「ふんわり軽い血色に見せたい時など、軽い着け心地でとにかく使いやすい」(shucoさん)

「女性の個性や雰囲気を引き立たせてくれます」(佐伯裕介さん)

「ツヤツヤの肌によく合うチーク。肌馴染みもいい4078が好き」(三苫愛さん

2位 シャネル/ボーム エサンシエル ロゼ

©CHANEL
©CHANEL

¥5,500/シャネル カスタマーケア

大人気のスティックハイライトの新色。濡れたようなツヤ発色で、頬やまぶた、唇などに手軽に血色感をオン。(選者/安倍、鵜飼、齋藤、shuco、松本、佐々木)

「生っぽいツヤ感と、内側からにじむように発色するローズピンクは絶世の美しさ!マスクからチラ見えする位置にのせて、密やかな色気を演出するのがお気に入り」(佐々木奈歩)

3位 アディクション/ザ グロウ スティック

左から、001P、002P、003P 各¥3,800/アディクション ビューティ

クリエイティブ・ディレクターKANAKOによる新商品。光を自在に操り、カモフラージュしながら素肌が透けるような美しさを引き立てる。 (選者/安倍 、AYANA、石井、美香、MICHIRU、佐々木)

「超微粒子のパールが美しいスティックハイライターは、顔以外にデコルテなどにも使えてサラサラ。いつでもどこでも華を添えたい時に大活躍!」(美香さん)

発表!2020年ベストコスメ

Edit &Text : Naho Sasaki

Recommended Post

Magazine

#143_h1ec

JANUARY / FEBRUARY 2021 N°143

2020.11.27発売

Allure me

写真のチカラ

オンライン書店で購入する