Food / Restaurant

ビーチ帰りにふらりと訪れたくなるワインバー。鎌倉「Beau Temps」

都心から1〜2時間で、明らかに時間の流れ方が変わる海のそばの街へ。フレッシュな海の幸を使ったおいしい料理とピースフルな笑顔を求めて。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年6月号掲載)

横須賀長井産の神経〆のアンコウと三浦のSHOファームの祝蕾という野菜を、スモークパプリカで煮込んだ「アンコウのトリッパ トマト煮」¥1,200。ヒレ肉や胃袋など、部位によって異なる食感が楽しい。サーブされるパンは、窓辺で育てたブドウの実で起こした天然酵母で焼いたもの。
横須賀長井産の神経〆のアンコウと三浦のSHOファームの祝蕾という野菜を、スモークパプリカで煮込んだ「アンコウのトリッパ トマト煮」¥1,200。ヒレ肉や胃袋など、部位によって異なる食感が楽しい。サーブされるパンは、窓辺で育てたブドウの実で起こした天然酵母で焼いたもの。

海沿いを走る江ノ電、長谷駅からほど近く、古民家の一部を改装した一軒家で営業。朝獲れの鮮魚や鎌倉野菜を使った料理と、それに合わせた自然派ワインや日本酒などを提供している。「特に限定はしていませんが、おいしい食材を探すと地元産が多くなりますね」と一之瀬敬シェフ。鮮魚をロールキャベツ仕立てにしたり、神経〆のヒラメを魚醤を効かせたヅケ風のカルパッチョにしたりと、海の幸を使ったメニューも多い。

由比ヶ浜まで徒歩8分という立地もあって「シーズンには海の家のスタッフがみんなでやって来ることも。ワイワイとにぎやかですよ」

Beau Temps
ボータン

住所/神奈川県鎌倉市長谷1-14-26
TEL/0467-40-6172
営業時間/12:00~15:00、18:00~23:00
不定休
URL/beautemps.strikingly.com/

海のそば、海ごはん

llustration: Yuko Saeki Photos:Satoko Imazu Slelection&Text:Shiori Fujii

Profile

藤井志織Shiori Fujii 編集者、ライター。雑誌や書籍、Webで活動。フードやインテリアなど、ライフスタイルにまつわる仕事が多い。担当書籍に、草場妙子著『TODAY’S MAKE- UP 今日のメイクは?』、石井佳苗著『LOVE CUSTOMIZER』、重信初江著『昔ながらのおかず』などがある。

Recommended Post

Magazine

ec

October Special 2019 N°130

2019.8.28発売

Lady Power(Special)

私より、あなたのために(特装版)

オンライン書店で購入する