649
Fashion Editor's Post
ミハイルギニスアオヤマの、着るアート展
ミハイルギニス

 

アートが好きな人々へ、着るアートを提案します by Michail Gkinis WEARABLE ART FOR THOSE WHO LOVE ART - MICHAIL GKINIS

ギリシャで生まれ、20代はロンドンで学び、その後、日本のテキスタイルに魅せられて東京に移住したデザイナー、ミハイルギニスアオヤマ
自らのルーツである古代ギリシャの平面的な服に着想を得て、日本の生地とヨーロッパのアートを掛け合わせ生まれた「着るスカーフ」を発案。

下記日程でフェアが開催されます。

●9月26日〜28日 合同展 @IFF MAGIC JAPAN

●9月27日〜10月10日 @阪急うめだ本店1階 
ミハイルギニスアオヤマフェア

●11月1日〜15日 @伊勢丹新宿本店 1階 2週間フェア
1週目 テキスタイルデザイナー須藤玲子「NUNO」×ミハイルギニスアオヤマ2週目 ミハイルギニスアオヤマ単独フェア

URL/http://michailgkinis.com
FB/http://www.facebook.com/michailgkinis

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post