419
Fashion Editor's Post

美しい、DIORオートクチュール ショウ

DIOR 2017春夏オートクチュール ギンザシックス G6
Photo by Nanako Yamamoto(scène)

明日オープンするG6の屋上にて、春風が舞う中、マリア・グラツィア・キウリのデザインする「ディオール(Dior)」オートクチュール コレクション ショウが催されました。

テーマは1953年にムッシュ・ディオールが発表した「ジャルダン ジャポネ(Jardin Japonais)」=日本庭園にインスピレーションを得たテーマだそうです。

コレクションもモデルたちも桜も美しく、寒さを吹き飛ばす勢いでした。

モデルはマリア・グラツィア・キウリのミューズ、ルース・ベル。もちろんダイレクトブッキングで来日中。

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post