426
Culture Editor's Post
見城徹x松浦勝人の小誌連載「松見会議」が書籍化!

 

2015年3月の84号から17年5月の106号に掲載された、見城徹x松浦勝人の本音トーク、小誌連載「松見会議」が、「危険な二人」にタイトルを改め、幻冬舎文庫より発売されました! 感涙!!

こうやって一冊にまとまったものを見ると、感慨深い思いに浸るとともに、自分たちたけでは成し得なかった、見城さんの編集者魂やプロの経験値に、改めて脱帽の域を感じます。

書籍にするという夢をかたちにしてくださった見城徹さま、初回からずっと連載にお付き合いくださった松浦勝人社長、おめでとうございます。

エディターの岡田有加さん、フォトグラファーのkishimariさん、スタイリストの宮内 幸さん。そして企画から刊行までを取り仕切ってくださった幻冬舎の箕輪さんに心からお礼を申し上げます。

まだまだ連載は続きます。引き続きのご愛顧をよろしくお願いいたします。

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post