Fashion / Editor's Post

「FARFETCH」がロゴも新たに、イメージ動画を配信

ネット・ショッピング・サイトのFarfetchより「Open Doors to a World of Fashion(Open Doors… ひろがるファッションの世界)」と称した、美しいイメージ動画の配信がスタートしました。「ファッション」と「テクノロジー」という2つの世界を交差させ、イメージ訴求もさることながら顧客サービスの拡充を図っていくそうです。

キャンペーンのキャストには、多国籍かつ様々な業界で活躍する人たちを起用し、Farfetchの強みでもあるラグジュアリーブランドから新進気鋭のデザイナー、またエシカルコンシャスなブランドのアイテムまで、多岐にわたりラインナップされています。サイトを覗いてみると、キャンペーンに登場したモデルたちがフィーチャーれています。


「ファッションを通して見える世界は、可能性に満ち溢れてる」と話すのは、PradaやValentino、Saint Laurentのショーでも活躍する新星モデル、プレシャス・ケヴィン。


「ファッションはクリエイティビティへの扉」と話すのは、GivenchyやBalenciagaのミューズとしても注目を集めるスイス出身のアーティスト、ヴェロニカ・クンツ。

「地球の裏側のショップさえ、

 手を伸ばせばすぐそこにある」

おうち時間が増えたことで、ネットショッピングの回数が増えた人は多いはずです。どこにいても「Open Doors to a World of Fashion(Open Doors… ひろがるファッションの世界)」を楽しみたいですね。

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

150_H1_650_ec

OCTOBER 2021 N°150

2021.8.27発売

Logo À Gogo

やっぱりロゴが好き

オンライン書店で購入する