149
Fashion Editor's Post

「Thom Browne」が見せてくれたクチュールの夢

編集長・田中杏子の 2018春夏パリコレ日記。

IMG_9408

今回、NYからパリに発表の場を移した「トム ブラウン(Thom Browne)」のショーは、まるで夢を見ているかのような、夢の中に迷いこんだような世界が繰り広げられました。チュール素材をねじり、うねらせ、ひだを作り、くしゃくしゃにして、トム ブラウンが解釈するオートクチュール的なワードローブの数々。まるでデザイナー自身のファッション、オートクチュールへの夢や憧れが詰まっているようでした。

THOM BROWNE SS18 PARIS FASHION WEEK SEPTEMBER 2017
THOM BROWNE SS18 PARIS FASHION WEEK SEPTEMBER 2017

まず登場したのは、アーティスティックな白い衣装を纏った2人のダンサー。

IMG_9401

そして、ダンサーたちはウォーキングするモデルたちに魔法をかけるかのように絡んでいきます。

THOM BROWNE SS18 PARIS FASHION WEEK SEPTEMBER 2017
THOM BROWNE SS18 PARIS FASHION WEEK SEPTEMBER 2017


ファンタジーの中、夢の世界にいるような感覚にしてくれる、素晴らしい仕上がりの、美しい芸術的なコレクションでした。

IMG_9480

最後はユニコーンまで登場。最高の演出です。

IMG_9407

Thom Browne
お問い合わせ/トム ブラウン 青山
TEL/03-5774-4668
URL/www.thombrowne.com

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post