412
Fashion Editor's Post

「Comme Des Garçons」川久保玲が見せた柔らかな狂気

編集長・田中杏子の 2018春夏パリコレ日記。

IMG_6862

IMG_6911

「コム デ ギャルソン(Comme Des Garçons)」2018SSコレクションに感動の涙がこぼれました。川久保玲さんのクリエイションに感じた狂気────幼少期の頃から好きだったもの、遊んだもの、愛着あるもの。執着してきたたくさんのモノや原体験が一挙に噴き出て、今シーズンのコレクションになっちゃった。と、勝手な妄想ですが、鳥肌が立ちました。

IMG_6858

IMG_6860

川久保さんは、偉大なデザイナーであり、表現者でありクリエイターであり、ビジネスウーマンであるとともに、女性であり、人である。その、コアのコア、とても柔らかなコアに触れたような感覚でした。

IMG_6861

IMG_6863

テーマに掲げたのは、「マルチ・ディメンショナル・グラフィティ(Multi Dimensional Graffiti)」。これまでのコレクションが、フォルムの追求だとして、それをハードとするなら、今シーズンは、フォルムはこれまでのアーカイブを引用し、素材やプリント、つまりソフトなもので新しさを表現したのだそう。

IMG_6864

日本でも展覧会を開催していた、16世紀に活躍した奇想の宮廷画家と呼ばれたアルチンボルド(Arcimbold)の元祖シュールレアリスティックな絵画プリント。

IMG_6865

水墨画界の奇才といえば若冲ですが、それ以前、戦国時代の奇想画家、雪村(周継)の水墨画をプリントしたのだとか。

西洋のアルチンボルドの絵画から、高橋真琴の描くロマンティックな少女漫画、お馴染みハローキティのフィギュアまでいろいろなアーティストの作品やグラフィック、様々な素材を組み合わせ、まさに多次元のグラフィティを作りあげていました。

Comme Des Garçons
お問い合わせ/コム デ ギャルソン
TEL/03-3486-7611
URL/www.comme-des-garcons.com/

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post