Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「柄ミックスやビタミンカラーで春らしく」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。(『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2020年4月号掲載)

例年よりも早く春の兆しを感じる今日この頃。春夏ファッションの柄モノミックスやヴィヴィッドなビタミンカラーはパリコレでも大活躍! また秋冬からの継続でクラシカルなレディアイテムも私の中で定着化しています。

グッチ(Gucci)のホワイトツイードワンピースとフローラパターンのリボンタイブラウスで、クラシック気分にスタイリング。131号でご紹介したヴィンテージライクな「ディオール オプ リーク」のショルダーバッグと、ジュゼッぺ ザノッティ(Giuseppe Zanotti)のサンダルでさらにレディ気分を高めてみました。

カモフラージュ柄ブーツは、プラダ(Prada)青山店のポップアップイベントで一目惚れして即ゲット。すごく軽くて履きやすいので、私のヘビロテシューズの仲間入りに。これ1足で、ボトムをワーク系、サファリ系にスタイリングできます。ヒールに入ったオレンジのブランドロゴもポイント。

あえて大きめサイズが特徴的なボーリングシャツは、恵比寿の会員制バー「カスバ」のオーナー増田令子氏が手掛けるブランド、パラダイス!(Paradise!)から。アニマル柄は、花柄やドット、チェックなどとミックスして今季っぽいスタイリングを味わいたいです。

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)のイエロー長財布。ダニエル・リーがシグネチャーを再解釈して生み出した、でかイントレチャートが可愛い♡ 今春ブームとなるビタミンカラーを、早速パリコレデビューさせました。同じくボッテガ・ヴェネタのノットのハンドルが付いた巾着のようなサックバッグ。イントレチャートを満喫しています。

スワロフスキー(Swarovski)のマルチカラーのストーンが付いたネックレス。少し色物を合わせたいときに首元にオンする、オールシーズンで使えるお役立ちアイテムです。

プラダのカーディガンと、中にはアウラ アイラ(Aula Aila)のレースブラウス、133号でもご紹介したセリーヌ(Celine)のアニマル柄パンツをコーディネートして、フェミニンさとパンチの効いたものの掛け算を。さらに、クロエ(Chloé)のバッグとカサデイのシューズでバーガンディの統一色を投入! 全体が引き締まります。

バーバリー(Burberry)のリボンタイブラウス。大きいキラキラのラインストーンが付いたウェールネットのパターンで、パンツにもスカートに合わせても、とにかくスタイリッシュで素敵なのです!!! やっぱりリカルド・ティッシのハイセンスなデザインを纏うと、気分が上がります♡

同じくバーバリーのピスタチオカラーのシルクスカーフは、昨年11月に銀座店オープンを記念したここだけの限定商品。日本の春を感じさせる色味が可愛い! 本当は頭に巻いて使いたいくらいです。

レトロクラシックをモダンに落とし込んだデザインが気に入っているシャネル(Chanel)のレザーショルダーバッグ。小さいロゴが上品に付いたバックルがお洒落で、これ1つだけでレディに振るまえそうな気がします。

田中杏子のプライベートスナップ

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

ec

JULY / AUGUST 2020 N°138

2020.5.28発売

Time is Precious

時間が教えてくれること

オンライン書店で購入する