Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「夏を感じるカラーや小物をセレクト」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしとプライベートアイテムを紹介。(「ヌメロ・トウキョウ」2019年6月号掲載)

気温が安定しない毎日。気分だけでも前のめりに夏を求めて、マルチカラーのアイテムやサマーバッグを取り入れています。と同時に、リラックスムードを高めてくれそうな睡眠グッズなども気になっています。

パリコレでの一コマ。グッチ(Gucci)のジャケットに、バレンシアガ(Balenciaga)のトップスとアシメントリーのプリーツスカートをコーディネート。プラダ(Prada)のフローラルプリントのスカーフを首元に添えて、ロエベのバッグででき上がり!

ゴールドのリボンに洋梨に見立てたようなパールの、ルイ・ヴィトンのチェーンピアス。華奢なのにインパクトがあり、フェミニンなスタイリングの時に合わせています。

トリー バーチらしい、マルチストライプのスカート。夏らしい色合いがお気に入りで、風通しの良いコットン素材なのでこれから着る頻度が多くなりそう!

最近パリから日本へ上陸したフラットシューズブランド、シャテル。環境へ配慮した素材で、履き心地の良さが◎ カラーとタッセルは自分の好きな色にカスタマイズできます。私はゴールドのグリッターラメのシューズをゲットし、ネオンオレンジのタッセルを。

世界的オーディオブランドのビーツ・バイ・ドクタードレ(Beats by Dr. Dre)とサカイ(Sacai)のコラボレーションで話題のイヤホン。私はバーン レッドのカラーをチョイス。ビーズは、5色を自分の好みの組み合わせにカスタマイズできます。音楽を聴かないときもアクセサリー感覚で付けたいな。

絶妙な色味を気に入って購入した、バレンシアガ(Balenciaga)のプレードのコート。グッチのアイコン、ホースビットパターンのボウタイブラウスと、シューズもお馴染みのグッチのローファーヒールとティファニーのハードウェアのリンクピアスを合わせて。この日はクラシカルに決めてみました。ピアス以外、すべてファーフェッチで見つけて即ポチり。

スナップで手に持っていたのはファーフェッチの戦利品。ジル・サンダーのバケツ型バッグは、巾着タイプなのがお気に入り。中にレザーのポケットがついたPVC素材のバッグも素敵で、どちらにするのか悩んだ末に2つともゲット。

ジョルジオ アルマーニ(Giorgio Armani)のケース付きパジャマ。ブランドを象徴するブルーの、肌触りが滑らかなシルクでラグジュアリーな気分に。

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)から、モノトーンのイントレチャートのレザーアイマスク。ここ最近目の疲れが気になるので愛用中。

トリー バーチ(Tory Burch)のキャンドルコレクション。カラーによって異なる香りはどれもリラックス効果があり、インテリアのシックなアクセントにも。

グラフィカルな白と黒のロエベ(Loewe)のショルダーバッグ。たくさん容量が入るからお気に入り。

田中杏子のプライベートスナップ

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

ec

November 2019 N°131

2019.9.28発売

Joyful!

幸せのエネルギー

オンライン書店で購入する