64
Fashion AKO's Style

田中杏子「ハズしを利かせたスタイリング」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしとプライベートアイテムを紹介。(「ヌメロ・トウキョウ」2018年1・2月号掲載

ますます際立ったスタイリングが気分! 自分らしいハズしを利かせたスタイリングが楽しめる時代に入りました。

08サーカス(08sircus)」のブラウスとワイドパンツに「ルイ・ヴィトン×シュプリーム(Louis Vuitton × Supreme)」のキャップ、ミュウミュウのファーストール、「ロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier)」のバッグを合わせました。オールホワイトのスタイリングは、個人的には挑戦でしたが、着てみるとしっくり。ファーストールとバッグの色合わせに、キャップを合わせてカジュアルダウンしたスタイリングは、パパラッチ隊からも注目で気分上々でした!

コーディネートでも合わせた「ロジェ・ヴィヴィエ(Roger Vivier)」のバッグ。ストラップの長さを変えられるので斜め掛けもOK。パリコレ中、とても重宝しました。

#113_ako03
#113_ako03

ニューニュー(newneu.)」のiPhoneケースはマジックテープ付きのアートピースを自在にカスタマイズできるので、その日、そのときの気分でいろいろと楽しめます。今のお気に入りは二つのアートピースとふわっふわでボリューミーなファー♡ キャップも同じく、好みのアートピースを合わせて自分のオリジナルを作ることができます。なんて素晴らしいアイデア!

#113_ako04
#113_ako04

トリー スポーツ(Tory Sport)」のメッシュジャケットのように、スポーティディテールをリアルなアイテムに取り入れるデザインは次シーズンも注目。ロングワンピースに合わせてみたいです。

#113_ako05
#113_ako05

バレンシアガ(Balenciaga)」のトレンチコートとドレスはパリコレ中の戦利品。セリーヌのバッグ、「マイケル マイケル・コース(Michael Michael Kors)」のサングラス、「プラダ(Prada)」のサンダルでスタイリング。カラータイツを合わせるのが今の気分!

フレームの形や上品なカラーリングがさりげなく主張してくれる、「サルヴァトーレ フェラガモ(Salvatore Ferragamo)」のサングラス。新生フェラガモも楽しみです!

#113_ako06
#113_ako06

サマンサベガ(Samantha Vega)」のバッグはヴィンテージ気分で、どんなスタイリングにも合わせやすく、物もたくさん入る優れもの。カジュアルにデニムと合わせても、お出かけのときのワンピースと合わせても◎

ストラップにあしらわれたラインストーンがポイントの「グッチ(Gucci)」のパンプス。内側にはロマンティックなフラワープリントが施されていて、眺めているだけでも素敵。プラス1の装飾があるアイテムが最近気になります。

スワロフスキー(Swarovski)」の煌めく星が連なるネックレスは、Tシャツ&デニムのようなシンプルなスタイリングにオンして首元をさらりと飾りたいです。

肩にカッティングが入ったデザインの「ラウタシー(Lautashi)」のドレス。肌触りが柔らかくて気持ちよく、家でリラックスして着ると心に余裕が持てそう。

Profile

田中杏子(Ako Tanaka)編集長。高校卒業後にイタリアに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。誌面でのスタイリングのほか、広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numero TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO'S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recomended Post