田中杏子のプライベートスナップ「アイコニックなアイテムが最近のお気に入り。 春に向けておしゃれ気分が上昇中!」|Numero TOKYO
Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「アイコニックなアイテムが最近のお気に入り。 春に向けておしゃれ気分が上昇中!」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。 (『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2024年4月号掲載)

目を引くカラーやモチーフが入ったアイコニックなアイテムが最近のお気に入り。春に向けておしゃれ気分が上昇中!

アイウェア無しでは過ごせないと言っても過言ではない私。どんどんコレクションが増える一方ですが、カラーもフォルムも可愛い、ジェントルモンスターの新入りメガネは、これからヘビーユースの予感です。

先月号でもご紹介した、今年のラッキーカラー「ブルー」のマルニのモヘヤニットにロエベのデニムを合わせました。カジュアルになりすぎないよう、中からパールがついたミュウミュウのトップスを覗かせ、足元はマルニのシルバーのシューズをコーディネート。バッグは大人っぽさと可愛さを備えたアミのバッグです。

アイコニックなカメリアモチーフとロゴが入ったシャネルのマフラーは、最近手放せないアイテムの一つ。顔周りを華やかにしてくれ、程よいサイズ感がお気に入り。

スパンコールが美しく輝くシャネルのジャケットは、これからの季節が楽しみになる春らしい色合いが気に入っています。デニムに合わせてもよし、ワンピースに合わせて女性らしいスタイルにも…と妄想が止まらないアイテムです。

マルニのシルバーのバッグは、マチがあって荷物がたくさん入り、とにかく使いやすさが抜群。1つ目のスタイリングで履いているシューズと同じシルバーに合わせてコーディネートしても可愛いです。

一枚でサマになる、ドット柄のマルニのワンピースは、着心地も良く絶妙な丈感とバランスでスタイルアップしてくれるのでお気に入り。春に向けて着回しを楽しみたいです。

この日はオペラ鑑賞ということで、シャネルのジャケットを主役に、綺麗めスタイルにしました。「ピンク×シルバー」の組み合わせが好きで、今回は長年愛用しているセリーヌのシルバーのパンツを合わせました。

アーカイブのコレクションをモダンにリデザインされた、グッチのホースビット 1953は、程よいヴィンテージ感が好みです。歩きやすく、最近のイチオシアイテムです。

田中杏子のプライベートスナップ


Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。
Twitter: @akotanaka Instagram: @akoakotanaka

Magazine

JULY/AUGUST 2024 N°178

2024.5.28 発売

Summer Is Coming!

夏とわたし

オンライン書店で購入する