田中杏子のプライベートスナップ「おしゃれが楽しい季節がやってきた! 抜け感を出したスタイルが気分」|Numero TOKYO
Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「おしゃれが楽しい季節がやってきた! 抜け感を出したスタイルが気分」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。 (『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2023年1・2月合併号掲載)

おしゃれが楽しい季節がやってきた! しばらくカジュアルなスタイリングが気分でしたが、久しぶりのパリコレに行ってから、シャツやネクタイなどフォーマルなアイテムを使いつつ、抜け感を出したスタイルが気分です。

メタリックのディテールが際立つ、ジェントルモンスター「2024 オプティカルコレクション」の最新アイウェアたち。メガネ必須の私がお気に入りなのは、デイリー使いしやすい黒縁の2つですが、かけるだけで旬の顔にしてくれるメタリックのアイテムにも挑戦中です。

前号でも紹介したお気に入りのヴァレンティノのネクタイ、通称「ValenTie」を主役にスタイリングしました。メゾン マルジェラのドレスシャツに、ボトムにはロエベのワイドデニムを合わせ、カチッとしすぎずこなれ感を演出。足元はお馴染みのサカイのアンクルブーツでカジュアルシックにまとめました。

ジェントルモンスターの最新コレクションは、ハイスクールがテーマ。「Gentle High School」に入学できるというユニークなキャンペーンで、オーバーサイズなブレザーが届きました。なんと、胸元には“Numero”の刺繍が! 世界的にも制服ブームが止まらないですね。そして、ジャケットと一緒に届いたのがスクールバッグ。可愛らしいくまのチャームもついていて、学生気分でユニフォームルックを楽しみたいです。

ミュウミュウのラジミール コートは、最近のお気に入りアイテム。袖口と裾にほつれを残したようなデザインが特徴的で、シンプルな形ですが上品な光沢感があり、クラス感をアップしてくれます。

前号で紹介した、ドット柄のサカイのセットアップに足元にもサカイのアンクルブーツで統一したコーディネート。サラッと着られて、スタイルアップ効果もあるので思わず手に取ってしまうアイテムです。甘すぎず、大人っぽいカラーがお気に入りのアンブッシュ®︎のクラッチバッグを差し色に合わせました。

母から譲り受けたパールのネックレスは、小さなゴールドとパールが交互に入っていて、首もとを華やかにしてくれます。タイムレスに美しいジュエリーは、大切に受け継いでいきたいですね。もちろん、ヌメロクローゼットで販売しているパールチョーカーも引き続きヘビーユーズしています。

アミ パリスのヌードピンクのミニバッグは、きらりと光るゴールドのロゴがアクセントになって可愛い♪ 携帯や財布など必要なものが入るちょうどいいサイズ感と、レザーストラップ部分が調整可能で使い勝手も抜群。

田中杏子のプライベートスナップ


Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。
Twitter: @akotanaka Instagram: @akoakotanaka

Magazine

MAY 2024 N°176

2024.3.28 発売

Black&White

白と黒

オンライン書店で購入する