Fashion / AKO's Style

田中杏子のプライベートスナップ「エフォートレスな気分の秋」

「ヌメロ・トウキョウ」編集長・田中杏子のリアルな着こなしと私物を紹介。 (『ヌメロ・トウキョウ(Numero TOKYO)』2021年11月号掲載)

例年レディなドレスアップが楽しくなる秋ですが、今年はどこかまだエフォートレスな気分が続いています。カジュアルなものをプラスして、時代の空気を纏ったファッションを楽しんでいます。

ボッテガ・ヴェネタ(Bottega Veneta)の「ザ・チェーン カセット」バッグをゲットしました。ビタミンカラーのイエローに、ビッグイントレチャート、そしてゴールドチェーンに一目惚れ! ダニエル・リーのダイナミックな新鮮さにずっと虜です。夏も大活躍でしたが、これからの秋にもこっくりとした深みをプラスできそう。

イッセイ ミヤケ メン出身の高橋悠介さんが手がける新ブランドCFCLのニットドレス。3Dコンピューター・ニッティングで仕上げる、器のような立体的シェイプで一気にソフィスティケートされた印象に。伸びもよく着心地も◎ ブランド名は「現代生活のための服」から来ているそうで、再生繊維を使い、生産過程での廃棄をなくしている、いろんな意味で時代に合った服! 素敵です。

ヴァレンティノ ガラヴァーニ(Valentino Garavani)のアイウェアはボルドーレッドをチョイス。色も好きですが、六角形のフォルムとサイドのVロゴもタイプです。空気は秋だけど、日差しはまだまだ眩しいこの時期にぴったりのアイテム。

夏休みの一コマ。遠出できないのでエディションホテルでのステイを楽しみました。CFCLのドレスを一枚で、ヴァレンティノのアイウェアとボッテガ・ヴェネタのバッグをプラス。特別にドレスアップする時でも、やっぱりエフォートレスな空気を纏いたいのが今の気分です。

プラダ(Prada)の「ガレリア」バッグ。赤は好きですが、こういう真っ赤なバッグは久しぶり。カチッとしているけれど、華やかさがあって秋のファッションに投入したいです。

会員制バー、カスバのオーナー増田玲子さんのブランドのパラダイス!(Paradise!)からトラックスーツを。部屋着や撮影の時の楽ちんウェアとしてでもいいし、おしゃれにヒールを合わせても素敵。ブルーのベロア素材がオシャレで、バリエーションが広がって楽しい一着です。

グッチ(Gucci)の100周年を記念した京都のイベントで。ボウタイブラウスに、サイドラインが施されたスポーティなパンツ、バンブーのハンドバッグはすべてグッチで揃えました。シューズに、ピンクを合わせたのがポイント。146号でもご紹介したお気に入り、フィラ × アトモス × バッドムードのスニーカーです。

リリー ブラウン(Lily Brown)がカシオのBABY-Gとコラボしました。クラシカルなフォルムの「BGD-501」をベースにしたマットスケルトンボディとヴィンテージライクなゴールド効いています。軽いのも嬉しい♡

「TB」モノグラムプリントのテキスタイルが施された、バーバリー(Burberry)のチェア。天気の良い日にベランダで本を読むとき、チルするときにぴったり。まだまだステイホームしているので、重宝しています。

田中杏子のプライベートスナップ

Profile

田中杏子Ako Tanaka 編集長。ミラノに渡りファッションを学んだ後、雑誌や広告に携わる。帰国後はフリーのスタイリストとして『ELLE japon』『流行通信』などで編集、スタイリングに従事し『VOGUE JAPAN』の創刊メンバーとしてプロジェクトの立ち上げに参加。紙面でのスタイリングのほか広告キャンペーンのファッション・ディレクター、TV番組への出演など活動の幅を広げる。2005年『Numéro TOKYO』編集長に就任。著書に『AKO’S FASHION BOOK』(KKベストセラーズ社)がある。

Recommended Post

Magazine

ec

DECEMBER 2021 N°152

2021.10.28発売

Street Up!

史上最強のスケボー愛

オンライン書店で購入する